カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. 日光 >
  5. 近年増加中の冷房病!冷房病ってどんな病気?冷房が原因で起こる体調不良

アレルギー

近年増加中の冷房病!冷房病ってどんな病気?冷房が原因で起こる体調不良

 

近年、温暖化の影響で、夏の気温がぐんぐん上がって、毎年最高気温を更新するような猛暑が続いています。その為、冷房がないと生活に支障が出るようになってきています。そんな近年、増加傾向にある冷房病ですが、実は冷房病という病名は存在しないのです。冷房病とは、冷房が原因で起こる体調不良の事を言いますが、どんな症状が現れるのでしょうか。

 

(冷房病とは?)

猛暑で冷房が強く効いた室内に長時間いたあとに、炎天下の猛暑にさらされることを繰り返すことで起こる体調不良と言われています。室内と室外の温度差が5℃以上ある環境で起こりやすくなります。原因は、急激な気温の変化に体が適応できずに、身体の体温調整機能が正常に機能しなくなります。体温調整機能は自律神経が司っています。この自律神経には、交感神経と、副交感神経があり、交感神経には、冷風にあたると血管を収縮させて発汗を抑制して、体温が下がりすぎるのを抑える役割があります。副交感神経には、暑いと感じると血管を拡散して発汗を促して体内の熱を放散させようとする働きがあります。通常はこの2つの自律神経がバランスを保っていますが、冷房と外気の暑さ温度差に適応できなくなって、自律神経失調症になってしまった状態が冷房病と呼ばれています。実は、この冷房病は日本独自の病気で世界では通用しない病気なのです。

 

冷房病の症状

冷房病の症状には、身体の冷えや疲労感、むくみ、肩凝り、腰痛、神経痛、便秘や下痢、女性の場合は月経不順などを引き起こします

 

体が冷えすぎると体に悪影響を及ぼします。暑い夏は、特に冷房が効いた部屋と冷たい飲み物が欲しくなりますが、体温調整をして冷やしすぎないように気を付けましょう。

 写真://www.ashinari.com/2013/03/10-377070.php?category=9

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

日光に関する記事

熱中症の1つ「熱射病」は死亡率が高い!夏の炎天下はご用心!

夏の炎天下で高温多湿が原因で起こる、高温障害の総称の熱中症。近年では温暖化の...

日光アレルギーの人が外出時に持っておきたいもの

日光アレルギーとは言えども、全く外に出ないで生活するのは大変です。よほど重度で...


もしも、子供がひどい日焼けをしてしまったら、どんな対処をしますか?

夏になると陽が長くなり、時間も忘れて遊んだり、海や山でのレジャーが目白押しの...

日射病になったら初診はどこに行けばいい?~熱中症の検査と治療方法~

熱射病や日射病は、高温障害という病気なので、意識があっても一度は病院できちん...

カラダノートひろば

日光の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る