カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 前兆 >
  5. 知っておこう、こんな時にはすぐに受診!狭心症の前兆について

生活習慣病

知っておこう、こんな時にはすぐに受診!狭心症の前兆について

 

日本における心臓病の死亡率は、癌に続き、第二位といわれています。

心臓病にも様々な種類がありますが、心筋梗塞や狭心症といったものが急激な増加傾向をたどっているようです。

 

その中でも、狭心症においては、発症の予兆か比較的わかりやすい疾患です。

狭心症とは、冠状動脈の血流が一時的に減少することで起きる症状です。

運動をした時などに起こる場合を【労作性狭心症】、睡眠中などの安静時に起こるものを【安静時狭心症】と言います。

どちらの狭心症のタイプであっても、長くとも20分以内でおさまります。

では、そんな【狭心症】の際に見られるサイン(前兆)の例をいくつかあげてみましょう。

 

狭心症の予兆

・ 階段の昇降や運動などで、心拍数や血流が早くなった時などに、胸の中央部が締め付けられるような感覚があったり、重苦しく圧迫を感じる場合、焼ける様な痛みがある。

 

・ 胸の痛みに加え、悪心・冷や汗などの症状がみられる。 ・ 胸の痛みの他に、左腕や右肩、顎なども痛む。

 

・ 胸焼けのような症状が出ることが多い。

 

・ 胸部がしびれた感覚におちいることがある。

 

上記のような症状がみられた場合は、【狭心症】である確率が非常に高いです。

直ぐに受診をしてください。

 

 また、高脂血症や血圧の異常が指摘されたことがある方、喫煙されている方、糖尿病や痛風などの疾患があるかたは、狭心症の発症のリスクが高いと言われています。

そのような方は、定期的に循環器内科、または心臓血管外科などで診察を受けるようにしましょう。

 

上記のような予兆がみられたときやそれ以外の時にも、胸部に異変を感じた時には緊急性を要する場合が多いですので、診察時間外であっても直ぐに受診をしましょう。

 

(Photo by://www.irasutoya.com/2014/05/blog-post_4966.html)

著者: nakameeさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

前兆に関する記事

こんな症状があるときは要注意!心筋梗塞の前兆について

我が国の死亡率の第一位は『癌』、次いで二位は『心臓病』であることはご存じでし...

こんな前兆が出たら救急車を呼んで!心臓病の3大前兆

  心臓病は、発作が起きてからでは手遅れになる場合もあります。 突然の心筋梗...


粘膜などが青紫色になる状態「チアノーゼ」は心臓の異常

  唇が青紫になるチアノーゼ、じつは貧血では起きにくいものなのです。チアノーゼは...

心臓病における息切れを甘く見ないようにしよう!

心臓病の代表的な疾患である、狭心症・心筋梗塞は命に関わる病気ですから、前兆を...

カラダノートひろば

前兆の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る