カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. 認知行動療法 >
  6. うつ病の治療法「認知行動療法」はどんな治療法?患者の考え、認知の歪みを明らかにする!

メンタル

うつ病の治療法「認知行動療法」はどんな治療法?患者の考え、認知の歪みを明らかにする!

精神療法の中で最も普及している治療法です。


・うつ病患者のものの考え方


ある状況で自然に、自動的に湧き上がってくる考え方やイメージのことを自動思考と呼ぶのですが、うつ病患者さんの自動思考は否定的であることが多いとされています。


否定の内容は世界や日常などの環境に対してや自分に対して、将来に対してなど様々で、そこから意欲の低下自己非難自傷行動などの考え方につながってしまうのです。


・治療方法


認知の面での治療は患者さんと良好な関係をとって患者さんの考えや思い込みについて共に検証していきます。


患者さんとの会話を通して得られる様々な問題の中から認知の歪みを明らかにしていき、患者さんの考えを支持する証拠や矛盾する証拠などを用意して、実演を行ったりして「根拠」を持って検証していく形で行われます。


行動の面での治療は患者さんの活動記録表などを作成して、自分の日常生活を計画していく行動活性化法や問題の解決案を一緒に考えて行く問題解決療法がとられます。

この治療法で大事なのは患者さんが自分の悲観的で否定的なものの考え方から一度離れて、物事を客観的に考えられるようになることです。


それができれば一つの壁を乗り越えたことになりますので治療が一歩進んだことになります。

 


・(Photo by //www.ashinari.com/2013/01/27-375667.php?category=2)

著者: まるさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

認知行動療法に関する記事

認知行動療法について ①認知修正法

  社会不安障害の人々は「認知の偏り(思い込み)」が多くにあります。 その考...

わかりやすい!認知行動療法 エクスポージャーとは

  立ちふさがる不安や恐怖に対して、あえて逃げずに正面から立ち向かってみる...


わかりやすい!認知行動療法 ソーシャルスキルトレーニングとは

  ソーシャルスキルは別名「社交術」とも呼ばれます。 人と接する上での「コツ...

うつ病治療で脚光を浴びる‘認知行動療法’とその現状について

うつ病治療というと、イメージされるのが薬の服用やカウンセリングです。しかし近...

カラダノートひろば

認知行動療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る