カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 基礎知識 >
  5. 原因 >
  6. 痛風の敵?尿酸が生み出される仕組みと高尿酸血症

生活習慣病

痛風の敵?尿酸が生み出される仕組みと高尿酸血症

 医師

痛風発作が引き起こされるのは、尿酸が原因であるということは、少し健康を気にかけ始めた世代の人にとっては常識となっているかもしれません。では、尿酸はどのように生み出され、体にどのような効果をもたらしているのでしょうか。

 

尿酸が生み出される仕組みとプリン体

尿酸の原料となるのがプリン体です。プリン体から尿酸が作られる流れは

食べ物が取り込まれる(プリン体全体の10~15%)体内でつくられる(プリン体全体の85~90%)

プリン体が肝臓で分解されて尿酸になる

血液に乗って移動し、尿酸の80%は腎臓を通って尿に溶けて、残り20%は便や汗と一緒に排出

 

通常はこのように尿酸は取り込まれたり、体内で作られても体外に排出されてしまうため、体内に蓄積されることはありません。

ところが、何らかの理由でプリン体が多く作られたり、排泄が滞ってしまうと、血液の中の尿酸の濃度が高くなり、高尿酸血症になります

 

尿酸は悪者ではない?

健康な人の体内には、常に尿酸の量が約1200mgに保たれています。なぜ、尿酸が必要かは詳しくわかっていませんが、活性酸素の活動を抑える働きがあると言われています。

 

高尿酸血症のタイプ

高尿酸血症には、尿酸を排出する能力が低いタイプと、尿酸を過剰に生産してしまうタイプ、両者の混合タイプとがいます。日本人は混合タイプと合わせると約9割が排出する能力が低いタイプです。

排出低下の要因

・肥満

・アルコールの大量摂取

・体質

・動脈硬化

・腎炎など腎臓の病気での腎臓機能低下

・薬剤の影響 など

過剰生産の要因

・肥満

・アルコール摂取

・プリン体を多く含む食品の摂取

・果糖の過剰摂取 など

 

詳しくわかっていないものの、尿酸は体内になくてはならないものであり、それをオーバーしてしまうと体に悪い影響が出てしまうのです。高尿酸血症が進行しないためにも、生活習慣を今一度見なおしてみましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/08/29-349555.php )

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

今までの説をどんでん返し!?痛風と尿酸値は無関係!?

  痛風といえば気を付けたいのは尿酸値です。 一般的には尿酸値が7.0m...

尿酸値の天敵!?アルコールの飲み方を見直しましょう!~痛風の予防~

  尿酸値が高めの人は、アルコールの飲み方に注意が必要です。アルコールと尿...


飲酒、高プリン食、清涼飲料…痛風を発症させやすい生活習慣とは

                       わが国では、第二次世界大戦以前に...

痛風は遺伝的要因も大きい!?痛風の発症に関係している「ABCG2」遺伝子の変異って?

  20代や30代でも痛風を発症することがあります。 普通、生活習慣病という...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る