カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 基礎知識 >
  5. 基準 >
  6. 関節が痛い!それは本当に痛風ですか?間違えやすい病気と症状

生活習慣病

関節が痛い!それは本当に痛風ですか?間違えやすい病気と症状

中年女性

足の親指の付け根が痛くなったら痛風。そんなふうに思っていませんか?

初めての痛風発作、どんな痛みかわからない。歩くこともままならないほど痛いと聞きますが、それは本当に痛風発作ですか?

 

偽痛風

症状:関節に痛風そっくりの痛みと腫れが出ます。

 

原因:関節部にカルシウムがたまって石灰化し、それを白血球が攻撃することで炎症が起こる。なぜカルシウムが貯まるかはわかっていません。

 

見分け方:

・足の親指の付け根より、膝や股関節など大きな関節に起こりやすい。

・痛風ほど痛みは激しくない。

・関節液を採取して結晶を比べる

・レントゲン撮影で偽痛風は関節軟骨や半月板に付着したカルシウムが写る

 

慢性関節リウマチ

症状:関節が腫れて、痛みが出ます

 

原因:関節リウマチは膠原病と呼ばれる、自分の細胞を誤って免疫が攻撃してしまう自己免疫疾患であり、原因は未だにはっきりと解明されていません。

 

見分け方:

・関節リウマチでは2箇所以上に症状が出ることが多い。

・手首や指、肘、肩、膝関節などが多い。

・関節リウマチはじわじわと痛みが進行して慢性的になります。

・リウマチ因子検査で陽性になる

 

変形性関節症

症状:関節部が歪んでスムーズに動かなくなり、痛みが生じます。

 

原因:老化や激しい運動などで変形して炎症を起こします。40代以降の中高年、肥満の人、激しいスポーツや重いものを持つ職業の人に多いです。

 

見分け方:

・痛みは痛風発作ほど強くありません。

・立ったり歩いたりなどすると痛みますが、横になると痛みがおさまります。

・じわじわと始まって徐々に強くなります

・レントゲン撮影で骨の変形がみられます

・最も起こりやすい場所は膝関節

 

外反母趾

症状:変形が激しくなってきて、靴ずれなどで炎症が起きて赤く腫れあがり痛みが出ることがあります。

 

見分け方:

・歩いて患部を動かすと痛む

・尿酸値やX線検査などで容易に見分けられる

 

塩基性リン酸カルシウム結晶沈着症

症状:膝や手指や手関節、肩関節、股関節に起こることが多く、熱をもって痛んだり赤く腫れることがあります。

 

見分け方:

・症状の出る関節

・関節液の検査

 

関節痛を起こす病気には様々なものがありますが、症状の現れる関節や、症状の現れ方などについての知識があると、痛風かどうか適切に対応ができます。

(Photo by:http://www.ashinari.com/) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基準に関する記事

痛風を判断基準する基準 ~間違えやすい病気や症状、尿酸値の検査の基準など~

  痛風の症状とリウマチの症状は非常によく似ていて、症状からだけでは、どちらの...

尿中尿酸量で知る腎機能

  痛風の合併症の中で一番恐ろしいとされているのが腎臓の機能障害です。痛風の原...


尿酸値は血中だけではなく、尿中の尿酸値も調べる!高尿酸原因特定のための尿中尿酸検査とは

  痛風であるかどうかの評価は、様々な検査を通して行われます。 痛風と言うと...

急に痛みが出る?徐々に進行していく?6種類にわけられる偽痛風の基礎知識

偽痛風と一言で言っても、分ければいくつかの種類に分けられます。偽痛風自体は関...

カラダノートひろば

基準の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る