カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. その他 >
  6. 対人関係によって症状が生じるうつ病…外来患者によく使われる精神療法「対人関係療法」とは

メンタル

対人関係によって症状が生じるうつ病…外来患者によく使われる精神療法「対人関係療法」とは

 

外来患者さんなどによく使用される期間限定の精神療法です。


・うつ病は対人関係が重要


うつ病の症状は基本的には対人関係によって生じることが多く、症状の発症や治療は患者さんと他者の関係によって大きく影響を受けます。


そのため、対人関係療法では現在も進行している対人関係とそれに伴う感情の関連に焦点をあてて治療を行います。


・治療方法


対人関係の問題を4つの領域に分けて改善を行って行きます。


①悲しみと哀れみ


人の死を実感するために喪の作業を行って患者さんが喪失の辛さを補うための新しい活動人間関係を見出すように努めます。


②対人関係で生じる不和


他者との葛藤によって生じる問題の性質や解決法を探る手助けをし、解決法が見つけられない場合は関係を終わらせる判断を下すように努めます。


③役割の変化


患者さんの人生の状況変化にしっかりと対応するために今までの状況の長所と短所、新しい状況での長所と短所を共に考え、うまく対応できるように努めます。


④対人関係の欠如


コミュニケーション能力などの欠如で対人関係を始められない場合は今存在している人間関係の質を高めて、ゆっくりでも新しい関係を築けるように励まして孤独感をなくすように努めます。

様々な局面の問題を解決することができるので幅広い病態に適した治療法です。

 

・(Photo by //www.ashinari.com/2012/03/04-358664.php)

著者: まるさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

グループの特性を利用した精神療法「集団精神療法」はどのように行われるの?その方法とは

認知行動療法や対人関係療法もグループで行われますが、この療法はグループの特性...

うつがつらくて運動なんてできない…そんな運動不足を解消する3つの工夫

運動がうつ病によいのはわかっていても、起き上がるのも大変なうつ病の方が運動を続...


欧米では当たり前?断眠療法の治療の効果とは?効果が高いのはどんな人?

うつ病に対する非薬物療法として欧米では古くから使用されている治療法に断眠療法...

原因薬の服用後に発症!セロトニン症候群の主症状について

  セロトニンの過剰分泌によって起こるセロトニン症候群。その症状は大きく3...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る