カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 食事療法 >
  5. ダイエットのための食材選びのポイント!~メタボ改善のための食事療法~

生活習慣病

ダイエットのための食材選びのポイント!~メタボ改善のための食事療法~

 

メタボリックシンドロームや生活習慣病を防いだり、体型をきれいに保つためにダイエットを行いたいと思う人は多くいると思います。しかし、間違ったダイエットを行うと体調を崩してしまいます。かと言って全ての栄養素を計算してダイエットを行うことは大変ですし、なかなか続きません。このため、今回はダイエットの際の簡単な食材選び基準について紹介します。

 

食材選びの基準

 

主食

食物繊維を多く取れる、玄米、ライ麦パン、全粒粉パン、全粒粉を使用したパスタなどを選びます。できるだけ精製していない食材を選ぶことが、主食の食材選びのポイントです。

 

主菜

白身魚を中心に選ぶとカロリーを抑えることができます。中でもタラは脂肪分が少なく、低カロリーです。消化、吸収も良いため、ダイエット向きです。青魚は脂質が多いものがほとんどですが、アジなどはその中でも比較的低カロリーです。お肉を食べる場合は食べる部位に気をつけてください。各種のお肉でカロリーが低い部位は鶏肉ではささみ、豚肉ではヒレやもも、牛肉ではかたになります。

 

副菜

副菜に使用される野菜や海藻類は元々ほとんどが低カロリーですが、その中でもおすすめなのがキノコ類です。不溶性食物繊維やβ‐グルカンがとても豊富で野菜と比べても超低カロリーです。

 

その他

間食をしたいときや食事が物足りない時もあると思います。そんな時は寒天やところてんを利用してみてください。ところてんにはカリウムやカルシウムなどのミネラルや食物繊維が豊富です。また寒天は非常に低カロリーです。

 

 

このような基準でダイエット中は食材を選んでみてください。くれぐれも食べないダイエットや1品ダイエットは栄養が偏り体調を崩すため、しないようにしてください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/07/11-380093.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事療法に関する記事

メタボ予防には和食が理想!?バランスの良い食事を参考にしよう!

  今やメタボリックシンドロームの予備軍と言われる人の数は、男性で2人に1人、女...

生活習慣病を改善する脂肪細胞!温州ミカンが脂肪細胞に効く?

生活習慣病に深く関係しているのが、脂肪細胞という細胞です。 これは生活習慣病を...


水は1日2L以上飲めば本当に代謝が上がるの?代謝を上昇させる水の摂取方法

  よくダイエットの水分摂取方法として水は1日2L以上飲むことが挙げられて...

雑穀や青魚がお勧め!メタボの食事療法

メタボリックシンドロームの対策としては、やはりまず日々の食事から見直したほう...

カラダノートひろば

食事療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る