カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. その他 >
  6. グループの特性を利用した精神療法「集団精神療法」はどのように行われるの?その方法とは

メンタル

グループの特性を利用した精神療法「集団精神療法」はどのように行われるの?その方法とは

認知行動療法や対人関係療法もグループで行われますが、この療法はグループの特性を利用した精神療法です。


・方法


参加者が自らの問題に安心して取り組めるようにするため、毎回一定の時間帯同じ場所同じメンバーで行われます。


だいたい10名以下の人数で1~2週間に1度1回1時間程度のセッションを行い、1年間ほど継続します。


参加者の症状や年齢、職業などが統一されている方が参加者同士で共通の話題が出てきますのでスムーズにセッションが進行されることが多いです。


・進行の流れ


基本的にお医者さんなどの医療者は司会者的な役割になり、参加者の自発的な発言を促します。


発言がでてきたらその発言に対する意見を他の参加者が言うという感じで、会話をしながら問題を明確化していき解決に導きます。


しかし、最初の方はどうしても会話がなくなったり解決すべき問題が参加者の間で共通認識されなかったりしますので、初期段階は医療者が積極的に会話に参加し、問題の明確化などを行うことが多いです。

自分と同じような経験をしている人もいるという安心感を持ったり、自分の発言で相手が癒される体験を通して自分の存在の大きさに気づいたり、グループ内で対人関係を築いたりと参加者には様々な有効な効果があります。

 

・(Photo by //www.ashinari.com/2012/09/18-370000.php)

著者: まるさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

うつ病をきちんと治すために…休職中の過ごし方のポイントとは?でも病院はしっかり行こう

うつ病の一番の特効薬は安静にあるので、うつ病になってしまったら休むことが重要で...

原因薬の服用後に発症!セロトニン症候群の主症状について

  セロトニンの過剰分泌によって起こるセロトニン症候群。その症状は大きく3...


何が違う?うつ病の‘サイン派’と‘パルス波’の電気けいれん療法

  脳に電流を流してうつの症状を改善するという電気けいれん療法(ECT)で...

リスク軽減にも治療にもなる!うつ病の運動療法にはどれくらい効果があるの?

運動はうつ病改善のための重要なポイントとされることが多いです。 実際のところ、...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る