カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 近視 >
  5. 黒い影が浮かんで見える?網膜剥離を早期発見するために初期症状を知ろう!

気になる病気・症状

黒い影が浮かんで見える?網膜剥離を早期発見するために初期症状を知ろう!

網膜剥離は、昔は発症すると治らない病気とされていましたが、現在はレーザーを利用した光凝固術や網膜の手術によって治療できます。さらに、早期のうちに治療を行えば、光凝固術によって入院もせずに治療できてしまいます。このため、網膜剥離の治療を行うにあたって早期発見はとても重要になってきます。今回は網膜剥離を早期発見するために、網膜剥離の初期症状についてご紹介します。

 

◆網膜剥離の初期症状

網膜剥離の自覚症状においての初期症状としては、飛蚊症や光視症があります。

飛蚊症とは明るい場所で空を見上げるときなどに目の前に黒い影が浮かんで見える、その黒い点が視線を変えるにつれ動き回るなどの症状が現れます。この黒い点は眼球の硝子体の濁りです。他の病気が原因の場合もありますが、網膜剥離が起こる前触れとしても起きます。

 

光視症とは光が当たっていないにも関わらず、視界に閃光が走ったように見える症状が現れます。光視症は硝子体が徐々に収縮して網膜から離れるという現象が起こります。この状態で目を動かすとまだ繋がっている網膜が引っ張られ、視神経が刺激を受け、光ったように見えてしいます。

 

◆自覚症状が出る前に網膜剥離を発見しよう

上記のような自覚症状を感じる前に網膜剥離を発見するために、1年に1度ほど眼底検査を受けるようにしてください。面倒かもしれませんが、発見が遅くなり治療に時間がかかる、もしくは治らないことを避けるためには行ったほうがよいでしょう。

 

以上が網膜剥離を早期発見するための方法です。病気が進行すればするほど治りにくくなる病気なので、早めに見つけられるようにしてください。

 

「頭痛」で人気の記事はこちら

●頭痛がしないのに目がチカチカする…もしかして光視症かも?

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

近視に関する記事

あれ?最近遠くが見えないという方必見。知っておきたい近視のこと

手元は見えるのに遠くのものがぼんやりしたり、テレビ画面の文字に目を凝らしたり...

ビタミンB群で近視・老眼・白内障予防

  ビタミンB群は眼の改善・予防、とくに近視・老眼・白内障予防に関わる栄養...


有名人も受けている?近視・遠視・乱視の屈折矯正手術、レーシックとは

    近視・遠視・乱視といった屈折異常の矯正は、眼鏡やコンタクトレンズ...

網膜解離などの網膜の病気を防ぐ時に必要なビタミンAの役割とは?

  ビタミンAは必須のビタミンとして知られています。厚生労働省などでも摂取...

カラダノートひろば

近視の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る