カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 基礎知識 >
  5. その他 >
  6. 高脂血症には分類があるけどどう違うの?~コレステロールと中性脂肪~

生活習慣病

高脂血症には分類があるけどどう違うの?~コレステロールと中性脂肪~

 

高脂血症には4つの分類があります。高脂血症についてはよく聞くと思いますが、この分類の違いについてはあまりわからないと思います。今回はこの分類の違いについて紹介します。

 

高脂血症の4つの分類

高脂血症には高コレステロール血症(総コレステロールが200mg/dl以上)と高LDLコレステロール血症(LDLコレステロールが140mg/dl以上)と低HDLコレステロール血症(HDLコレステロールが40mg/dl以下)と高トリグリセリド血症(トリグリセリドが150mg/dl以上)があります。この4つの最終的な症状は脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化などとなります。以下にこの4つの高脂血症について紹介します。

()の中は血液検査において判断基準となる値

 

高コレステロール血症

総コレステロールが高い場合を指す病名です。総コレステロールは血液中のコレステロール、リン脂質、中性脂肪、遊離脂肪酸を合わせた値となります。また、総コレステロールはT.CHと表わされる場合もあります。

 

LDLコレステロール血症

LDLコレステロール血症とは、LDLコレステロールが高い状態となると診断される病気です。LDLコレステロールの働きは血液中で脂質を細胞に運び、ホルモンなどを生産させることです。しかし、血液中にLDLコレステロールが過剰に存在すると血液中に脂質が溜まってしまいます。また、LDLコレステロールとは悪玉コレステロールと呼ばれることもあります。

 

HDLコレステロール血症

HDLコレステロール血症は、HDLコレステロールが少ない状態となると診断される病気です。HDLコレステロールの働きは、血液中の脂質を脂質の分解を行う肝臓まで運ぶことです。HDLコレステロールが少なくなると血液中から脂質が運び出されなくなり、脂質が血液中に溜まってしまいます。また、HDLコレステロールとは善玉コレステロールと呼ばれることもあります。

 

高トリグリセリド血症

トリグリセリドとは中性脂肪のことであり、高トリグリセリド血症とは血液中に中性脂肪が増えた状態になると診断される病気です。中性脂肪は普段細胞において体温を保つためだったり、エネルギーを保存するために使用されていますが、増加し過ぎると血液中にあふれ出し、動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞を発症させます。

 

このように最終的におこる症状は同じですが、血液中に蓄積する脂質が各病気によって異なります。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2009/07/21-024566.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

高脂血症は動脈硬化を生む!早期のコントロールが大切です!

    高脂血症、特に高コレステロール血症は、粥状動脈硬化の発生とその病態の悪...

エイコサペンタエン酸をとって中性脂肪を下げる!

  中性脂肪の増加は動脈硬化の原因ともなり、脳卒中や心筋梗塞など命に関わる...


女性の閉経と高脂血症の関係

      一般的に、女性は男性と比較して心血管疾患に罹患しにくいと言われてき...

中性脂肪を下げるサプリの成分を確認しよう!

  中性脂肪の数値は、定期的な健康診断の中で血液検査によって確認することが...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る