カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 多汗症 >
  5. 汗が止まらない!多汗症の治療方法にはどんなものがあるの?

気になる病気・症状

汗が止まらない!多汗症の治療方法にはどんなものがあるの?

多汗症は一般の方よりも多くの汗をかいてしまう病気です。特に緊張した時には多く汗が出ます。汗の量は患者の方の中でも差がありますが、「文字を書こうとすると紙が湿ってしまう」「パソコンが汗で壊れてしまった」など日常生活で困っている方もいます。

今回はこんな生活に困る方の解決方法として、多汗症の治療についてご紹介します。

 

多汗症の治療方法

多汗症の原因としては精神的なものだったり、皮膚の汗腺に異常があったり、甲状腺系の病気だったり、更年期障害だったりとさまざまなものがあります。

このため、治療方法にもさまざまな方法があります。

 

今回は甲状腺の病気、更年期障害以外の多汗症についての治療方法を以下に記します。甲状腺の病気、更年期障害の方はこの病気を治療すれば多汗症も治まるため、各科において適切な治療を受けてください。

 

心身療法

汗をかくことに対して恐怖感や強い不安感を持っている方に、心身療法が適用されます。汗を(多量に)かくことにより、人前に出たくない・出られないと思ったり、人の汗のシミや臭いに対する反応が過剰に気になってしまう、などを思っている人は心療内科や精神科に行き相談してみてください。

 

この治療法では主にカウンセリングによって汗に対する意識を変えたり、自律神経(交感神経や副交感神経)のはたらきを整える自律訓練法を行ったりします。

 

薬物療法

薬物療法は汗に対する不安をすくなくするために精神安定剤を利用します。こうして汗に対する不安を取り除いていきます。ただし、直接汗をとめるわけではないため、すぐに汗が少なくなるわけではありません。

また、直接汗を止める抗コリン剤という薬もあります。抗コリン剤は汗をかく際に交感神経から分泌されている「アセチルコリン」という化学物質を止めます。

 

しかし、抗コリン剤は全身の汗腺に作用してしまい、副作用として口渇、便秘、胃腸障害を起こす可能性が高くなります。医師と相談をして使用してください。

 

手術

発汗を促す作用をもつ交感神経をブロックするような手術を行います。

手術の前に手術後の発汗を予測することは難しく、かなりの個人差があります。このため、手術をする場合には医師とよく相談するようにしてください。

 

このように多汗症の治療方法にはいくつかの選択肢があります。自分にあった治療を選択しましょう。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●顔汗の3つの原因を知ろう!

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

多汗症に関する記事

ワキ汗の注射治療って?その危険性は?

  ワキ汗の治療法には薬によるものもあれば注射治療もあります。ワキ汗一般的にの...

顔の汗から考えられる3つの病気

顔汗を異常なほどかくなぁと思った時には何らかの病気の可能性も否定はできません...


私実は…【汗かき】なんです。。

私実は…【汗かき】なんです。。■汗は簡単には止められないもの。深刻な場合は医師に...

ワキ汗を抑える!食事の3つのポイント

  ワキ汗も含めて『汗』は食事である程度は抑えられます。食事にちょっとした気を...

カラダノートひろば

多汗症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る