カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. シミ >
  5. 紫外線をあびる前にレモンなどの柑橘類は食べてはいけない?美白ケアについて

美容・ダイエット

紫外線をあびる前にレモンなどの柑橘類は食べてはいけない?美白ケアについて

 

これからの季節、紫外線が気になると思います。紫外線対策としてビタミンCを摂取するために、レモンやみかんなどの柑橘類を食べる方もいらっしゃると思いますが、実は柑橘類などに含まれるソラレンという物質が、肌にとって問題だという事実が浮上してきています。今回は肌に問題のソラレンについて紹介します。

 

 

ソラレンとは

ソラレンは紫外線の感受性を高める効果がある物質であり、光毒性を持ちます。ソラレンは特定の食材に含まれています。ソラレンを多く含んでいる食材を摂取して紫外線を浴びると、通常よりも紫外線を多く吸収し、肌に黒ずみやシミができてしまいます。また、肌に直接レモンを張るなどが一時期肌をきれいにする方法として流行りましたが、しないようにしてください。肌にレモンなどを直接張るとその部分にソラレンが残り、その形でシミになってしまう可能性が高くなります。

 

ソラレンを含んだ食材

レモン、ライム、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類、キウイ、イチジク、きゅうり、セロリ、みつば、にんじん、そば、野沢菜、からしなどがあります。

 

ソラレンを含んだ食材を食べたい時は?

体内にとりこまれたソラレンは、数時間たつと紫外線に対する感受性が低下します。ソラレンを含んだ食材を食べたい、または食べる際には紫外線を数時間浴びないようにしてください。ソラレンの影響をあまり気にしなくてよい時期は紫外線の浴びない夜や紫外線の少ない冬となります。

 

 

ソラレン自体は決して人間に対して毒になるものではありませんが、肌の黒ずみやシミを増やす原因となります。ソラレンを多く含む食材を摂取する場合は上記のことに気をつけてください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/12/30-355397.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

シミに関する記事

コーヒーを摂取するほど「皮膚のシミ予防効果」がある?!クロロゲン酸の色素抑制作用とは

コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」は、抗酸化力が高く、長期的な摂取で様々な健...

目だけじゃなかった!ブルーライトが「肌」にも悪かったなんて…「スマホ焼け」の真実とは?

スマホやPCは「見ている」という意識で、「浴びている」という意識はあまりない...


絶望するにはまだ早い!日焼けで出来たシミの撃退法を紹介!

日焼け止めクリームはしっかり塗ったはずなのに…出来てしまったシミ。もうこれっ...

シミの敵は紫外線だけではない!肌がシミを作るメカニズムを知って正しくシミ対策!

  体にも顔にもシミができると老けた印象になるのは避けられません。と言ってもシ...

カラダノートひろば

シミの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る