カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 脳出血 >
  5. 高齢者に多い慢性硬膜下出血 術後のリハビリではどんなことをするの?

気になる病気・症状

高齢者に多い慢性硬膜下出血 術後のリハビリではどんなことをするの?

点滴

慢性硬膜下血腫は、特に高齢者に多いとされています。数週間~2ヶ月程度でじわじわと脳の中に血液が溜まって、脳が圧迫を受けて症状が認められるため、中には手術後に多少のリハビリテーションが必要な方もいます。

 

リハビリテーションの目標

基本的には元々生活していた場所へ復帰することを目標とします。

 

リハビリテーションの方法

廃用症候群

慢性硬膜下血腫の患者は、ある程度の期間、脳が圧迫されて神経症状が出ていたため動くことが少なくなっていた場合があり、使わないことによる機能の低下である廃用症候群になっていることがあります。

 

身体機能であれば、筋力低下、関節が固くなる、筋肉がかたくなるなどによって、発症前と同じような生活が送れない場合があります。退院することが難しく、リハビリテーションが必要な人には、筋力トレーニング、ストレッチ、関節可動域訓練などが行われます。

 

また、病院にいることによって自宅にいるよりも運動機会が減ってしまい、さらなる身体機能の低下が起こる可能性もあるため、できるだけ早期の退院が望まれます。

 

片麻痺・失語症など

長期間脳への圧迫が続いていると、その部分が元に戻ることができず、後遺症が残る場合があります。その場合には、その症状に応じたリハビリテーションが行われます。

 

・麻痺の回復

・寝起き、歩行などの基本動作の練習

・日常生活動作(食事、着替え、トイレ、入浴など)の練習

・家事や仕事の動作の練習

・失語症に対するリハビリテーション

・必要に応じて自宅の家屋環境の調整 など

 

適切な時期に治療されると後遺症も少なく治癒できる病気なので、まずはおかしいと感じたら受診・治療をすることが最も大切な事です。

 

手術も体への負担が少ない形で行われますので、後遺症がなければできるだけ早く元の環境に戻って、家族や病院のスタッフに相談するなどしながら生活することが、一番のリハビリテーションかもしれません。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脳出血に関する記事

外科手術が一般的 慢性硬膜下血腫の治療に漢方薬が有用?

  慢性硬膜下血腫に対する治療は、外科手術が一般的とされています。内科療法でも...

慢性硬膜下血腫の術後の経過 再発することはあるの?

治せる認知症とも呼ばれる慢性硬膜下血腫。高齢者だけではなく、頭部外傷によって...


くも膜下出血の原因!脳動脈瘤はなぜできる?

くも膜下出血の原因のほとんどが脳動脈瘤の破裂によるものといわれています。では...

『脳梗塞・脳出血』の症状の違いって?~救急時の対処法について

脳卒中とは『脳梗塞・脳出血・くも膜下出血』の総称のことで、脳血管に異常が出てお...

カラダノートひろば

脳出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る