カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. パーキンソン病 >
  5. パーキンソン症状って?多系統萎縮症の一症状

気になる病気・症状

パーキンソン症状って?多系統萎縮症の一症状

 薬

パーキンソン症状は、多系統萎縮症の中でも線条体黒質変性症の初期の症状として強く見られますが、オリーブ橋小脳萎縮症、シャイ・ドレーガー症候群においても進行とともに出現してくる症状の一つです。

 

パーキンソン症状

振戦

ただ座っている時など何かしている時よりも、安静にしている時に手先や足先に規則的な震えがでます。舌や下顎、唇に出ることもあります。

 

筋固縮(きんこしゅく)

筋肉がかたくこわばって、他の人が動かすと本人は力を入れていないのに強い抵抗を感じます。神経の影響で筋肉がかたくなっているので、自分自身でリラックスしようとして力を抜いても、筋肉はなかなか柔らかくなりません。上腕二頭筋、大胸筋、股関節を曲げる筋肉、太ももの裏の筋肉などが特にかたくなりやすく、硬くなりすぎると筋肉が伸びなくなってしまうこともあります。

 

動作緩慢(どうさかんまん)

運動の速度が遅くなったり、反応時間が遅くなったりします。開始するまでに時間がかかったり、ゆっくりとした動作になってしまうので、自分で身の回りのことをしようとしても、かなりの時間を使ったり、努力が必要になります。また、身振り手振り、表情の変化が乏しくなったりもします。また、会話にも抑揚がなくなったり声が小さくなることもあります。

 

姿勢反射障害

人は姿勢反射によって、転びそうになった時や重心移動をした時に、無意識的に、自然と手で支えようとしたり、足を一歩踏み出したり、体を反らしたりなどしてバランスをとっています。これがしょうがいされてしまうため、転倒しやすくなったり、同じ姿勢を維持していることが難しくなります。

 

歩行障害

一歩目がなかなか踏み出せず前のめりになって転倒してしまうこともあります。歩幅が狭く、ももをあげてあるかないため、すり足のようにちょこちょこと小刻みな歩行になります。腕をふらないことも特徴です。また、方向転換が苦手で転倒の危険性が高くなります。歩行中にどんどんと前のめりになって加速して転倒してしまうこともあるので注意が必要です。

 

以上のような症状が代表されるものです。多系統萎縮症ではこれに小脳性運動失調、自律神経症状が重なります。

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E8%96%AC-%E3%81%8A%E9%87%91-%E6%B2%BB%E7%99%82%E6%B3%95-%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88-%E8%96%AC%E5%B1%80-%E5%8C%BB%E7%99%82-%E7%97%85%E6%B0%97-%E7%97%85%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99-257336/)

 

著者: amママさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パーキンソン病に関する記事

抗うつ薬に要注意!パーキンソン病治療薬の飲み合わせ

  手足の震えや認知障害を伴うパーキンソン病の治療ではリハビリ・薬物治療・手術...

パーキンソン病の原因、ドーパミンって何?

  手足の震えや精神的な落ち込み、認知障害などを症状とする病気がパーキンソン病...


多系統萎縮症と診断されたら…申請と給付手続き

あまり聞き馴染みのない病気。診断されたら、本人も家族も受け入れることにある程...

脊髄が変性して生じる神経の病気の総称!難病指定 脊髄小脳変性症とは

  脊髄小脳変性症とは 「脊髄小脳変性症」という病名の病気はありません。...

カラダノートひろば

パーキンソン病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る