カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 騒音性難聴 >
  5. ヘッドホンで音楽を聴くのが危険?高音から徐々に聞こえなくなるヘッドホン難聴に注意!

気になる病気・症状

ヘッドホンで音楽を聴くのが危険?高音から徐々に聞こえなくなるヘッドホン難聴に注意!

 

移動の際にヘッドホンやイヤホンで音楽を聴いているという人は注意してください。この習慣は、耳への負担が小さいものではありません。

聴き方や頻度、継続時間によっては、この習慣によって難聴が引き起こされてしまうかもしれないのです。

 

ヘッドホンだから難聴になりやすい

同じ「音楽を聴く」でも、スピーカーで音楽を聴くことはそこまで危険視されませんが、ヘッドホンで音楽を聴くことは難聴を引き起こす可能性を指摘されます。この違いは何なのでしょうか。

それが周波数の問題です。周波数の高い音ほど耳に負担がかかりやすいのですが、スピーカーと比べてヘッドホンの音は、周波数が高いのです。

また、高い周波数の音がスピーカーから出たとしても、その音は空気中を伝わるときに弱まります。

しかしヘッドホンでは音源と耳までに弱まる時間がほとんどないので、ダイレクトに耳に伝わってしまいます。

 

高い音から聞こえなくなる!

ヘッドホン難聴はある程度進行してからでないと、症状を自覚できないと言います。これはなぜなのかというと、ヘッドホン難聴によって最初に聞こえなくなるのが、普段の会話で使用しないような高い音域の音だからです。

上記の周波数の高い音が、継続的に耳に負担をかけることによって、高い音から聞こえなくなるのです。

また、聴覚をつかさどる蝸牛という器官がある内耳は、比較的高い周波の音に障害の出やすい部分なのです。

そのため、高い音から徐々に障害されていき、気づくと通常の会話でも聞き取りづらい部分が出てきてしまうのです。

 

ヘッドホンで聴いている音の音量は適切でしょうか。

また、長い時間ヘッドホンで音を聴いていないでしょうか。気づいたら深刻な難聴になっていたとなる前に、適切な使い方を今一度、見直しましょう。

 

 (Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

騒音性難聴に関する記事

普段騒音がひどい場所で働いてる方は注意!慢性的な騒音性難聴を放っておくと起きる大変なこと

  ライブ会場で働く方やパチンコ店で働く方などが悩まされやすいのが、騒音が原因...

騒音性難聴で見られる『聴覚補充現象』っていったい何だろう?

  騒音性難聴とは、うるさい騒音の中に長い時間いるせいで起きる難聴です。 例...


騒音性難聴とはこんな症状

  騒音性難聴とは、長時間音量の大きな場所で音を聞き続けることで、耳の中の...

どれぐらいの音を聞き続けると騒音性難聴になるの?

  騒音性難聴とは、大きな音を長時間聞き続けることによって、耳の中の組織が...

カラダノートひろば

騒音性難聴の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る