カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 騒音性難聴 >
  5. ヘッドホン難聴予防に!どれくらいの音で、どれくらいの時間で、どうやって聴くのならOKなの?

気になる病気・症状

ヘッドホン難聴予防に!どれくらいの音で、どれくらいの時間で、どうやって聴くのならOKなの?

 

耳が耐えられる、音量と、それにともなった時間の長さを知らないと、知らないうちに耳にかなりの負担をかけているかもしれません。そもそも、大音量で、長時間、ヘッドホンで音楽を聴くことは、耳にとってよいことでしょうか。

当然悪いことと分かると思いますが、そうは分かっていても、ヘッドホンで音楽を聴くことが習慣になっていて、耳を酷使する人が多いようです。

こうしたヘッドホンで音楽を聴く習慣によって耳の機能が低下するのが、ヘッドホン難聴です。

 

ヘッドホン難聴にならないためには

ヘッドホン難聴は予防が最も大切です。大音量で聴くのが当たり前になってしまう前に、どれくらいの音で、どれくらいの時間聴くのが適正か、どのように聴くのが正しい聴き方なのかを知っておきましょう。

 

どれくらいなら聴いてもいいの?

ヘッドホン難聴は騒音性難聴のひとつです。騒音性難聴というのは基本的には建設現場などの人がなるもので、そうした場所では騒音が85デシベル以下になるように設定されています。

ヘッドホン難聴においても、これくらいの音量が目安になります。ただし、音が適正だからと言って、長時間音楽を聴き続けてしまうと、それでも難聴が起こりやすくなります。

参考までに以下に「ipodの音量」と「継続して聴いてもよい時間を示します。

60%…18時間

70%…4.6時間

80%…1.2時間

90%…18分

100%…5分

60%くらいの音量というのが、ヘッドホンをつけていても稼働しているクーラーの音が聞こえる程度です。自分が普段聴いている音量と時間は適正でしょうか。照らし合わせて考えてみてください。

 

時間と音量の目安のほかにも…

上記のような音量や時間はあくまでも目安です。耳の機能がどの程度影響を受けるかというのは、個人によって違いますし、体調によっても変わります。

ですから大事なのは、耳が疲れたと思ったらヘッドホンの使用をやめることなのです。

自分の状態に合わせて、自分が適切に判断して、耳の機能低下を予防してあげましょう。

 

ヘッドホンで音楽を聴き続けて、音が小さく感じたり、耳鳴りがしたりすることはないでしょうか。そんなときには、例え長時間聴いていなくても、音量が適切でも、耳を十分に休めてあげましょう。「いつもこれくらいで聴いているから大丈夫」と軽く考えないことが大切です。

 

 (Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

騒音性難聴に関する記事

この耳の違和感は何?ヘッドホン難聴…発症のきっかけ・原因は何?

なんだか耳に違和感を感じる、ジーンと耳鳴りのような症状が続き、治らない・・・...

この症状はヘッドホン難聴?自分で分からないヘッドホン難聴の症状をチェックシートで確認しよう

なかなか聞きなじみは有りませんが、長時間耳に負担を掛けることでおこってしまう...


ヘッドホン難聴を引き起こす三大悪!「大きな音」「長時間の音」「周波数が高い音」

  難聴なんて特別な人がなるものだと思っていませんか? しかし難聴の条件がそ...

ヘッドホン難聴の治療法"高圧酸素療法"…治療法、その効果、問題点とは?

  カプセルに入って高濃度の酸素を吸い、体を回復させる機械があります。これが難...

カラダノートひろば

騒音性難聴の関連カテゴリ

騒音性難聴の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る