カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 虫刺された >
  5. キャンプに行くならココ!虫刺されが少ないキャンプ地の選び方

育児・子供の病気

キャンプに行くならココ!虫刺されが少ないキャンプ地の選び方

 

夏の楽しみのひとつがレジャーですね。家族や友達同士など、親しい人たちと行くレジャーが夏の思い出の定番という方も少なくはないでしょう。

ですが、レジャー帰りに手足がかゆくてたまらない虫刺されはやはり嫌なものです。そこで、虫刺されが少ないキャンプ地の選び方を紹介します。

 

●泊りがけでないなら海へ

海は早朝と夕方、夜中以外であれば比較的虫が少ないと言われています。というのも夏場の海は暑すぎて、虫も涼しい時間帯以外はなかなか活動しにくいからです。

泊りがけではなく1日だけのレジャーなら、海水浴を楽しんでみることをお勧めします。

 

●泊りがけなら高い山以外は同じ

いわゆる高山と呼ばれるやや空気の薄い場所は虫が少ないですが、標高の高い山以外での泊りがけのときは、海を選んでも川を選んでも基本的には同じです。

存在する虫の種類にはやや違いがあり、海には蚊など小さめの虫が多いのに対して、川にはアブなど大きめの虫が多いです。

 

●農地の近くは選ばない

では、泊りがけの場合はどこのキャンプ地を選んでも同じか、というとそういうわけではありません。

川にしても海にしても、そして一般に広く開放されているキャンプ地にしても、農地の近くは虫が多いです。

農地、牧草地などが近くにないかどうかを事前に確認してから行くことで、少しでも虫刺されの被害を少なく出来ます。

夏の暑さから逃れたいなら高原なども爽やかでお勧めの場所です。

 

虫刺されが少ない場所は昼間のみなら海、泊りがけなら農地や牧草地が周囲にない場所となります。

とはいっても自然の中でレジャーを楽しむ以上、虫ゼロというわけにはいきません。

虫よけスプレーやかゆみ止めは常備して、虫刺され対策も頭に入れながら準備してみてください。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2014/01/13/20/01/water-243910_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

虫刺されたに関する記事

実はあまり知らない…“人を刺す虫”はどんな虫?

  人は、年間季節問わず虫に刺されてしまいますが、中でも夏場や過ごしやすい...

虫に刺されてかゆい・・・こんな症状のときどうする?

  外で遊ぶ子供は外にいる虫に刺されることがありますし、家の中にいるときでも家...

虫刺されたの体験談

虫刺されのあと

長女は身体が弱いということではないのですが、肌は冬は乾燥、夏はあせもで荒れてしまって、アトピーの疑い...

生後4カ月の虫刺され~ヤマヒルに噛まれた話~

生後4ヶ月の頃、ヤマヒルに噛まれました。普通では、めったにありえないことだと思います^^; そ...

カラダノートひろば

虫刺されたの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る