カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. ダニ・ハウスダスト >
  4. 梅雨から夏にかけて要注意のダニ発生場所 布団はダニが多い!屋外なら森林や公園に注意!

アレルギー

梅雨から夏にかけて要注意のダニ発生場所 布団はダニが多い!屋外なら森林や公園に注意!

 

一般的に言われる『虫』に比べて存在に気づきにくいのが、マダニ以外のダニです。

羽音もないですし、あまりにも小さいので見てもよくわからない方も少なくはありません。

梅雨から夏にかけてはダニが発生しやすいので、特に注意すべきダニの発生場所を見てみます。

 

●布団はダニが多い!

ダニの発生場所として最も注意が必要なのは、布団やカーペットなど布製のものがある場所です。

ちなみに実際にダニの数を計ってみると、布団が最もダニが多い場所になるケースが大半のようです。

人間は1日1回布団に寝ますので、垢やフケが落ちてダニの餌になりやすいほか、汗で湿気が増すことも布団のダニとの関連性があります。

 

●屋外なら森林や公園に注意

屋外でダニが多い場所といえば森林、公園など草木が豊富なところです。このような場所はダニに限らず、虫自体が多い場所でもあります。

なお、屋内には基本的に存在しない危険なダニもいるので要注意です。マダニという目に見える大きさのダニは、重篤な感染症を引き起こすことがあります。

 

●屋内はダニ対策を徹底

屋内のダニは掃除などである程度駆除できますので、対策を徹底してみてください。

布団やカーペット、マットレスなどダニが大量発生しやすい場所については、一度大掃除をして、当て布を当てたうえでスチームアイロンをかけるのがおすすめです。

その他に、こまめな掃除でダニの餌となるフケなどをなくすのも効果的な方法といえます。

 

屋外でのダニ対策は、大掃除などが出来ないので自分の服装に気をつけるのがベストです。

犬の散歩やお子さんと遊ぶときに草むらに入るのであれば、長めの靴下を履いたうえでズボンを履き、出来るだけ肌の露出を防いでおいた方がよいです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/09/24/12/08/apartment-185779_640.jpg])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ダニ・ハウスダストに関する記事

ベッドやマットレスから簡単にダニを退治できる?!3つのダニ退治法

普段使うベッドやマットレスにも沢山のダニが存在します。 しかし、あまりに大きく...

掃除しているはずなのになぜ室内に入ってくるの?ダニが家に入ってくる方法と原因解明

ダニを持って帰ってるつもりはないのに、なぜ家にダニが増えてしまうのでしょうか?...


すぐに出来るダニ刺され予防法!寝る場所に気をつければダニに刺されない!?

  ダニ刺されを予防したいけれど徹底的な大掃除は難しい、という方にお勧めしたい...

知っていますか?ダニ予防の三大原則☆乾燥・掃除・継続的に!

ダニを予防するために出来る、3つの原則が存在します。この3つをしっかり守ってい...

カラダノートひろば

ダニ・ハウスダストの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る