カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. ハチ・マダニ・蚊・ブヨに刺された時に!虫の種類の見分け方と応急処置

育児

ハチ・マダニ・蚊・ブヨに刺された時に!虫の種類の見分け方と応急処置

虫に刺された時は、どの虫が刺したのかによって出やすい症状も異なります。

そこで、刺された場所の様子から虫を判断し、適切な応急処置を行う方法を紹介します。

 

ハチ・マダニ刺されの特徴を覚えよう

あらゆる虫刺されの中でも注意が必要なのが、感染症を引き起こしやすいマダニと、重篤なアレルギー症状を引き起こしやすいハチに刺されることです。

 

まずマダニについてですが、マダニは時間をかけて人の血を吸おうとするのでしっかり赤い跡が残りやすいです。
腫れよりも色が目立つケースが少なくありません。

 

ハチの場合は、腫れ方が非常に大きいのが最大の特徴で、刺された場所を中心にして山形に盛り上がってきたらハチと考えて間違いありません。

 

マダニ、ハチに刺された場合は病院での手当てが最も適切ですので、すぐに皮膚科を受診してください。

 

蚊に刺された場合

蚊に刺された場合は、赤みよりもぽこっと皮膚が盛り上がることの方が特徴的です。
ハチに刺された時ほど痛みはないものの、かゆみがとにかく襲ってきやすいので、掻いて傷跡を残さないように注意しましょう。

 

蚊に刺された場合は特に病院に行かなくても、かゆみ止めを塗ったり冷やしてかゆみを抑えればOKです。

 

ブヨに刺された場合

川などにキャンプに行くと多いのがブヨです。ブヨの虫刺されは蚊の虫刺され同様に腫れますが、蚊に刺された時よりも赤くなりやすいです。
人によっては水ぶくれが出来ることもあるので、水ぶくれを潰さないように注意してください。

 

出来るだけ早く、ステロイド成分が入っているタイプのかゆみ止めをつけるのが有効な応急処置です。

 

虫刺されが起きて、それが傷だけではどの虫かわからないが発疹が広がる場合や熱が出た場合などは、重症なアレルギー反応の危険性があります。どのような虫に刺されたかわからなくても、全身に症状が出たらすぐに病院へ行ってください。

 

「育児・子供の病気」で人気の記事はこちら

●腫れてかゆい痛い、ブヨに刺されたときの対処法!

(Photo by: [http://www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケガ・応急処置に関する記事

ハチに刺されたときに残った「ハチの針」を抜く!正しい抜き方、抜くときに気をつけること

   アウトドアなどで出かけた先で、思わぬアクシデントに出会うことがあります。そ...

子供が犬や猫に噛まれても落ち着いて!応急処置のポイント

子供は好奇心が旺盛ですので、その分子供の周りには様々な危険が潜んでいます。 ...

ケガ・応急処置の体験談

1歳過ぎてすぐくちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに唇を切る怪我をしてしまいました・・・子供の怪我!血が多く出る箇所、焦ら...

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

カラダノートひろば

ケガ・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る