カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 騒音性難聴 >
  5. ヘッドホン難聴を引き起こす三大悪!「大きな音」「長時間の音」「周波数が高い音」

気になる病気・症状

ヘッドホン難聴を引き起こす三大悪!「大きな音」「長時間の音」「周波数が高い音」

 

難聴なんて特別な人がなるものだと思っていませんか?

しかし難聴の条件がそろえば、だれでも難聴になる可能性があるのです。

特に、普段から音楽を聴く習慣があるなどして、耳に負担をかけていると、難聴になる可能性があるのです。

 

耳の負担が蓄積してしまうヘッドホン

ヘッドホン難聴と言う難聴があります。先述のような大きな音による耳の不調は、短い時間で終わり、時間をおけば回復します。

これに対して携帯型音楽プレイヤーやスマートホンなどで聴く音楽は、大音量で音楽を聴いたり、長時間音楽を聴いたりと、耳の負担が回復する時間が少なくなりがちで、負担が蓄積してしまう傾向があります。それが原因で起きるのがヘッドホン難聴です。

 

ヘッドホン難聴の三大悪

移動中やジョギング中に使用することのあるヘッドホンやイヤホンですが、以下の行為を原因としてヘッドホン難聴になりやすくなります。

・大きな音

・長時間にわたる使用

・周波数が高い音

これらすべての条件を満たす場合はもちろん危険ですが、いずれかひとつを満たしていたとしてもヘッドホン難聴になる危険があります。

特に大きな音と言うのは、短時間で耳へ大きな負担をかけてしまいます。目安として静かな部屋で音楽を聴きながらも、人と会話ができるレベルが理想です。

つい外に行くと騒音から音量を上げてしまいますが、設定した音よりも大きくはしないようにしましょう。

 

体調が悪いときには特に注意!

音によって耳がダメージを受ける程度は、個人差もありますし、その人のその日の体調によっても違います。

そのため、飲酒や疲労ストレスなどで体調が万全ではないときに、上記の条件にあてはまるような音を聴くと、特に難聴が加速しやすいですので注意が必要です。

 

大きな音で音楽を聴く、音楽を聴きながら作業をするのが習慣になっている人もいると思います。

ですが、ヘッドホン難聴ははっきりとした自覚症状が出たときには、もう時すでに遅しの状態になっていることが往々にしてありますので、上記の三大悪に気を付けて、予防をしっかりとしていきましょう。

 

 (Photo by:pixabay )

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

騒音性難聴に関する記事

ヘッドホンで音楽を聴くのが危険?高音から徐々に聞こえなくなるヘッドホン難聴に注意!

  移動の際にヘッドホンやイヤホンで音楽を聴いているという人は注意してください...

毎日の生活で意識をするだけで防げる!おうちで出来る★ヘッドホン難聴の予防法!

ヘッドホン難聴とは、大きな音を継続的に聞いたり耳に負荷を与えてしまうことで聴...


どれぐらいの音を聞き続けると騒音性難聴になるの?

  騒音性難聴とは、大きな音を長時間聞き続けることによって、耳の中の組織が...

ヘッドホン難聴は治療が可能なの?どんな治療をするの?

音楽などを爆音で聞くコンサートホール・映画館・アミューズメント施設・ロックコ...

カラダノートひろば

騒音性難聴の関連カテゴリ

騒音性難聴の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る