カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 乾燥肌 >
  5. その他 >
  6. 冬はターンオーバーも遅れがち!冬の乾燥肌対策について

美容・ダイエット

冬はターンオーバーも遅れがち!冬の乾燥肌対策について

img_5062987995c95.jpg

 

■なぜ冬は乾燥する?

 
冬になると口のまわりに粉が吹くくらいカサカサ肌に……。
冬に乾燥肌になる人が多いのは、体温と外気にかなりの温度差があり、湿度が低いので、どうしても肌の水分が失われてしまうからです。
 
さらに、冬は運動量が低下し、皮脂も汗も分泌量が少なくなるので、肌を保湿から守る“天然の保湿クリーム”が少なくなるのです。
 
また、冬は新陳代謝が低下するため、肌のターンオーバーも遅れがち。
古い角質が肌の表面にカラカラに乾いたまま残ってしまい、肌に白く粉が吹いたように見えてしまう人もいますね。
 
冬に使う暖房器具も肌を乾燥させてしまう大きな原因です。
特にエアコンによる暖房や燃焼をしない電気暖房器具を使っている場合の室内の湿度は驚くほど少なくなっているのです。
 
このように、冬はどうしても肌が乾燥する条件が整ってしまいます。
うっかりしていると、超乾燥肌になりかねません。
 
でも、冬の乾燥肌は、日常のちょっとした心がけで予防することが十分にできます。

 

■冬の乾燥肌を防ぐには?

 
冬の乾燥肌を防ぐには、肌に十分に水分を与えること。
夏場より多めに水分与えましょう。
 
保湿クリームなども夏場より多めにつけると良いでしょう。
 
そして、室内の加湿に気をつけること。
加湿器を置くことはもちろん、濡れたタオルや洗濯物を室内に干すなどすると、お金をかけずに加湿することができますね。
 
植木や観葉植物を室内に置くのも良いでしょう。ある程度、湿度が保たれていると、風邪も引きにくくなります。
室内がカラカラの状態にならないように気を配りましょう。
 
また、暑いお風呂に長い時間入ったり、暖房器具の風が出るところにいたりすると、一層、乾燥肌を招きます。
お風呂の後、タオルドライしたあとの3秒で肌は乾燥し始めると言われています。
お風呂から上がったら、できるだけ早く保湿剤を塗ることが大切です。また、暖房器具を使いすぎないようにするなど、十分に気をつけましょう。
 
 
(Photo by http://www.ashinari.com/2012/02/29-358473.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

ステロイドの様な漢方薬?乾燥肌の薬成分でよく見るグリチルリチン酸について

  乾燥肌の薬の中にグリチルリチン酸という成分が入っていることがあります。この...

優秀なパンテノールってなんだ?ジフェンヒドラミン、グリチルリチン酸って?冬の乾燥肌対策について

  乾燥肌の改善薬として市販されている薬に含まれている成分に、パンテノールとい...


乾燥肌の薬に含まれるジフェンヒドラミンって?

  乾燥肌が進行していくと、単純に肌の水分が少なくなるということだけでなく、肌...

「尿素」って乾燥肌にいいの?それとも悪いの?保水成分セラミドは化粧品でとるのが正解?下着かゆみはどうすればいいの?

  「乾燥が気になる肌や、からだの皮膚のケアには尿素配合のクリームが良い」...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る