カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 騒音性難聴 >
  5. なってしまったら治せない!?音楽を聴くことで起こるヘッドホン難聴は回復が見込めない…

気になる病気・症状

なってしまったら治せない!?音楽を聴くことで起こるヘッドホン難聴は回復が見込めない…

 

日常的に耳を使うことが多いと難聴になる可能性があります。その場合難聴は治るのでしょうか?治らないのでしょうか?

爆竹などの大きな音を間近で聞くと、耳がジーンと痛くなりますよね。耳と言うのは音を受容する器官であると同時に、その音によっては障害を受けてしまう器官でもあるのです。

爆竹のように瞬間的に終わってしまうものであれば、その後耳もダメージを回復できますが、これが続けばダメージを回復することができず、難聴になってしまう可能性があります。

 

ヘッドホン難聴という障害

大きな音を長い時間聞いていると、聴覚が低下してしまいます。建設現場など騒音がする場所で仕事をしている人は、常に大きな音を聞いているので、耳に障害が出やすいです。しかしそうした特別な職についていなくても、この難聴になることがあります。それがヘッドホンで音楽を聴くことによっておこるヘッドホン難聴です。

 

ヘッドホン難聴は治らない!?

ヘッドホン難聴というのは、音響性難聴という難聴です。

耳の中がどうなっているかと言うと、内耳と言う場所が障害を受けています。内耳というのは音を聴くのに重要な役割をしている場所で、特にヘッドホンで出やすい周波数の高い音で障害を受けやすいのです。

特に障害を受けるのが、内耳にある蝸牛というカタツムリのような形をした器官です。蝸牛にある感覚細胞は音を振動として受け取り、これを電気信号に変換して脳に伝えます。

しかし大きな音を聞いた時の大きな振動や、長時間音を聞いた時の過労働によって、蝸牛の中の血流が滞ったり、感覚細胞の一部が失われてしまうことがあります。細胞は失われてしまうと再生することができないため、難聴が起こると、そこから回復することはできないのです。

 

このような特徴から、ヘッドホン難聴は、発症した後の治療よりも、予防の重要性、そして早期の発見が重要とされます。

ヘッドホンによって難聴が起こると知らない人も多くいますので、まずはこの難聴を知ることが重要になるのです。

 

(Photo by:足成 )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

騒音性難聴に関する記事

ヘッドホン難聴は治療が可能なの?どんな治療をするの?

音楽などを爆音で聞くコンサートホール・映画館・アミューズメント施設・ロックコ...

聴力が低下してる!ヘッドホン難聴の治療方法とは?近年増えつつあるTRT治療、知ってますか?

普段の生活の中に、音楽鑑賞を取り入れている方は沢山います。自宅でのんびり聞く...


毎日の生活で意識をするだけで防げる!おうちで出来る★ヘッドホン難聴の予防法!

ヘッドホン難聴とは、大きな音を継続的に聞いたり耳に負荷を与えてしまうことで聴...

ヘッドホン難聴を引き起こす三大悪!「大きな音」「長時間の音」「周波数が高い音」

  難聴なんて特別な人がなるものだと思っていませんか? しかし難聴の条件がそ...

カラダノートひろば

騒音性難聴の関連カテゴリ

騒音性難聴の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る