カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 脳梗塞 >
  5. 本人に自覚なし!?交通事故や転落事故による、脳外傷で起こりやすい高次脳機能障害

気になる病気・症状

本人に自覚なし!?交通事故や転落事故による、脳外傷で起こりやすい高次脳機能障害

救急車

家族が思わぬ事故。なんとか一命を取り留めて、体も今までどおりに動かるようになったみたい。でも、前と人が変わってしまったように感じる。それは、高次脳機能障害かもしれません。

 

脳外傷とは

交通事故や転落事故など外傷によって脳が損傷することを脳外傷と言います。

・脳挫傷

損傷を受けた部分が限局的に損傷を受けている状態

・びまん性軸索損傷

脳は、頭蓋骨の中に髄液という水のようなものの中に浮いていて柔らかくそれを外からの大きな刺激によって揺らされると、中心の部分だけ損傷を受けてしまいます。ちょうどカップ入りのプリンを大きく揺すった時の様子を想像してもらえるといいと思います。

・急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫など

脳や硬膜と呼ばれる膜の血管が損傷して血液が出て溜まってしまい、脳を圧迫します。外科手術などで治療されます。

 

脳外傷で起こりやすい症状

麻痺はないか、軽度のことが多いですが、高次脳機能障害が起こりやすいです。特に、交通事故などであれば、前から大きな衝撃が加わることが多いので、脳の前側にある前頭葉とびまん性軸索損傷によって中心部にある記憶の回路が障害を受けることが多いのが特徴的です。

前頭葉症状

・注意障害

・判断力の低下

・複雑な状況を理解できない

・スケージュールを立てたり、スケジュールに沿って行動することが難しい

・柔軟に考えることが難しい

・問題解決能力、創造力の低下

・自発性の低下

・抑うつや不安

・興味関心が薄くなる

・自己洞察の欠如(自分自身を的確に認識できない)

・衝動的になる

・自己中心的になる

・機転が効かない

・過度なふざけ症 など

記憶障害

・新しいことが覚えられない

・昔の事が思い出せない(思い出せても虫食いになったり、前後関係が曖昧になったりする)

 

自宅に帰ってから気づくことも多い、高次脳機能障害。本人は自覚がなく、「なんともない」と話すことも多いのが特徴です。ご家族で気がついたら、抱え込まずに医療者などに相談してみてください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2008/08/20-006803.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脳梗塞に関する記事

お酒と上手に付き合って脳梗塞予防、再発防止

   脳梗塞の予防と再発防止にはお酒の頻度や量との関わりが重要です。 お酒と...

バファリン(アスピリン)は血栓を出来やすくする?~正しい脳梗塞の予防法

アスピリンの用途は主に鎮痛や解熱・抗炎症ですが、その他にも「血栓症を抑制する」...


心肺停止蘇生後、脳を損傷から保護する!『低体温療法』とは?

通常、心停止後に数十分経過すれば脳が損傷を受け、60分以上となると助かる見込み...

「首を鳴らす」と脳卒中の危険性?~椎骨動脈と血栓の形成について

近年、脳卒中のひとつの原因として挙げられているものに『頸部のキャビテーション(...

カラダノートひろば

脳梗塞の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る