カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 脳出血 >
  5. くも膜下出血にならない!くも膜下出血のリスクを知って効果的に予防しよう

気になる病気・症状

くも膜下出血にならない!くも膜下出血のリスクを知って効果的に予防しよう

禁煙

発症すると3分の1が死亡、3分の1が何らかの後遺症が残ると言われるくも膜下出血。予防できるなら予防したい!予防法はあるのでしょうか?

 

高血圧の人は注意!

高血圧であることで、動脈瘤に圧がかかりやすくなり、破裂しやすくなります。高血圧である人はくも膜下出血によるリスクが約3倍になるとの報告もあります。塩分のとりすぎなど食事のとりかたも血圧に大きな影響を与えています。バランスよく、3食しっかりと食事を取ることで予防することができます

 

禁煙を!

喫煙をする人は、非喫煙者とくらべて2.2~3.6倍にもリスクが高くなるとの報告があります。喫煙量が少なくても、多くてもそのリスクは変わらないため、喫煙自体が大きなリスクとなっています。

 

輸血

何らかの手術で輸血をしたことのある男性はリスクが4.2倍に上がるとの報告がありますが、その因果関係はわかっていません。

 

飲酒はほどほどに

適度な飲酒(1日日本酒1合程度)で、休肝日をつくるのであれば健康によいとされていますが、多量の飲酒はくも膜下出血の原因になると言われています。

 

適度な運動をしましょう

適度な運動をすることで高血圧に対して有効であると言われています。

 

ストレスを溜めない

ストレスは血管に傷をつけやすいため、リスクが上がると言われています。

 

血縁者に同じ病気がある人は注意を

血縁者にくも膜下出血の方がいる方は脳ドックなどを受けることをおすすめします。遺伝的要素があることがわかっています。また、家族で同じような食事をとったりなど生活習慣が似るためにリスクが上がるともいわれています。

 

生活習慣を見直すことは、くも膜下出血だけでなく生活習慣病、他の病気の予防にもなります。また、自分の体の変化に気をつけて「自分だけは大丈夫」と思わずに検診などを受けましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/12/29-355332.php)

 

著者: amママさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脳出血に関する記事

脳出血は後遺症が残るの?脳出血を予防する大事なポイント

脳出血は、脳内で血管が破れて出血するという病気です。 高血圧の方、もともと...

慢性硬膜下血腫の認知症状を見分けるポイント 他の認知症との違い

  慢性硬膜下血腫はその特徴から「治せる認知症」とも言われています。診断はCT...


朝食を食べる派?食べない派?「朝食を食べない」と「脳出血のリスクが上がる」ってホント?

あなたは朝食を食べますか?食べませんか?特に若い人は朝食を食べないという人が...

男性高齢者は要注意!慢性硬膜下血腫ってどんな病気?症状の特徴について

男性高齢者に多いとされる慢性硬膜下血腫。軽微な頭部外傷で発症するとされていま...

カラダノートひろば

脳出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る