カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. リラックス・癒し >
  4. 夏の疲れをとるには湯船につかるのが一番!目的に合わせて入浴法を変えよう!

美容・ダイエット

夏の疲れをとるには湯船につかるのが一番!目的に合わせて入浴法を変えよう!

 

睡眠と入浴は深く関係しています。どんな睡眠を得たいかによって、入浴方法を変えることで、自分の希望する睡眠を得ることができるかもしれません。暑い夏は、どうしてもさっとシャワーで済ます人も多くなります。

しかし、それが夏の疲れを貯めてしまうひとつの要因なのです。

では、どれくらいの温度で、どれくらいの時間入ればよいのでしょうか?

 

夏疲れを解消するための、目的別入浴方法

「ぐっすり眠りたい」タイプの方は…

少しぬるいなと感じるくらいの温度(38度前後)のお湯にじっくり入りましょう。

目安としては20分~30分くらいです。

副交感神経が刺激され、心身ともにリラックスできます。長く感じるかもしれませんが、本を読んだり、好きな音楽を聴いたり、目をつぶってリラックスしていると意外に早く時間は過ぎてしまいます。

寝る1時間以上前には入浴を終わらせ、湯冷めしないように布団へ入ってください。また、浴室もそうですが、入浴後のリビングの照明を落とすことでより体がリラックスでき、スムーズに入眠できます。

 

「体の疲れが抜けきらない」タイプの方は…

少し熱めの温度(42~43度)でさっと入りましょう。目安としては半身浴で10分程度です。

この入浴方法によって緊張状態の筋肉をほぐすことができます。交感神経が刺激され入浴後に体がシャキッとします。

また、朝でかける前に入浴できると、1日の活力につながります。ただし、熱い温度はのぼせやすいので、気をつけてください。

 

「冷房でやられてしまった」タイプの方は…

女性に多いのがクーラーの効いたオフィスで1日中仕事をしていると冷房病にかかってしまうことです。この冷房病は首や肩が凝ってしまい、血行が滞ってしまいます。そんなときは、

通常くらいの温度(41度くらい)にじっくり浸かりましょう。

目安としては20分~30分くらいです。

湯船に浸かりながらストレッチやマッサージをすると血行が促され体が軽くなります。

 

入浴前には脱水を防ぐためにもコップ1杯のお水、入浴後もコップ1杯の水を飲むよう心がけてください。

また、無理は禁物です。入浴時間はあくまでも目安ですので、ご自身の体を第一に考えてください。

 

タイ古式やアーユルベーダ…世界各地のマッサージの種類や効果

日本では、世界各地の伝統的なマッサージが受けられます。

国際色豊かなマッサージ店を巡れば、世界旅行気分も味わえてよりリフレッシュできそうです。症状に合わせたお勧めのマッサージを紹介します。 

 

<台湾式足裏(足ツボ)マッサージ>

肩こりや便秘など、具体的な体の不調を改善するのにお勧めです。

体の各部位に対応する「反射区」と呼ばれるツボを刺激します。刺激は強めで、痛みを伴う場合もあります。日本でも広く普及し、手ごろな値段で店舗数も多いので気軽に入れるでしょう。

 

<タイ古式マッサージ>

肩こりや腰痛、筋肉のこわばりをほぐす効果があります。

指圧による刺激のほか、ストレッチにも重点が置かれ、筋肉を柔らかくして体の歪みを矯正します。

 

<スウェーデン式マッサージ>

血行が悪く、冷えやむくみに悩まされている人に向いています。

解剖学や生理学に基づいた手技で筋肉をほぐします。オイルを用いるので、心地よく体が温まります。欧米では最もポピュラーなマッサージの1つです。 

 

<アーユルベーダ>

体質に合わせたオイルで全身をマッサージし、体が本来持っている力を活性化させます。

インドの伝統的な医術で、日本ではリラックス目的にアレンジされたマッサージが多いようです。

 

<ハワイアンロミロミ>

近年、日本でも人気を集めているハワイの伝統的なマッサージです。

「気の流れ」を意識した施術で、ストレス解消に効果的です。

エステで多く取り入れられています。

  

症状に合わせたマッサージで、心身ともに疲れを癒しましょう。

 

隙間時間でリフレッシュ!自分でできる手のマッサージ

仕事や家事の合間、通勤電車の中など隙間時間で心身ともにリラックスできるのが、手のマッサージです。

足裏と同じくツボが集まっている手をマッサージすれば、心身ともにスッキリ。

手軽にリフレッシュできる手のマッサージを試してみませんか。 

 

<相応部位を刺激>

体の各部位に対応する「相応部位」が、手にはあります。長時間のパソコン仕事で頭痛がするなら、中指の先を刺激してみましょう。

デスクワークで肩こりや腰痛が悩みのタネなら、手の甲側の中指の付け根から手首の方へゆっくり指圧します。

ここは、肩甲骨・背中・腰・仙骨の相応部位です。

手のひらの中央は小腸・十二指腸、その少し上は胃の相応部位です。

消化器系の不調を改善します。

  

<爪もみマッサージでリラックス>

爪の生え際の両ワキは、「井穴(せいけつ)」というツボです。少し強めに刺激すると、自律神経のバランスが整い、血の巡りが良くなります。

ストレスが溜まっている時、体が冷える時に効果的です。

 

<水かきマッサージ>

指と指の間、水かきの部分も「指間穴(しかんけつ)」という、冷え症に効くツボです。

手の疲れをとり、筋肉の緊張をほぐすストレッチとしても、水かきを揉むのがオススメです。

  

<温めてマッサージ>

手のマッサージ効果を高めるには、温めるのが一番です。

ポケットの中にカイロを入れておき、マッサージの前に軽く手を温めると良いでしょう。

カイロが無くても、軽く両手をこすりあわせるだけで血行が良くなります。

 

 場所を取らず、誰にも気づかれないでできる手のマッサージ。マメに行えば、1日の疲れが違います。

 

ラジウム(ラドン)温泉とはどんな温泉?

温泉にはかならず温泉の成分や効能を書いたものが掲げられています。温泉は、昭和23年に定められた「温泉法」でいろいろと決められているのです。そのなかでも、ちょっとわかりにくいけれどよく目にする「ラジウム(ラドン)温泉」とは、どんなものでしょうか?

 

ラドン温泉とは 

温泉法では、わき出しているお湯が25度以上の「お湯」であり、冷たくてもいずれかの化学成分が一定量以上含まれていれば温泉、ということになります。

そのなかで、ラジウム泉などともいわれる「放射能泉」は、微量のラドンやトロンといった放射性物質を含んでいる温泉です。ラドンは水に比較的溶けやすい物質です。その放射能の半減期は数十分と短く、放射能は空気中に散ってしまうため、心配ありません。

 

ラドン温泉の効果 

ラドンは物質にふれると「イオン」を発生させる「電離効果」が強い物質で、血液中の老廃物の代謝を早める効果があるとされています。そのため、血液がさらさらになり、動脈硬化や高血圧によいとされています。また、結果的に血行が良くなるため、婦人病や冷え性、四十肩などに効くとされています。

 

リラックス効果が高いラドン温泉

ラドンは神経の鎮静効果があるといわれています。そのためリラックス効果が高く、更年期障害や自律神経失調症などに効くとされています。 

 

日本国内では、秋田県の玉川温泉、新潟県の五頭温泉郷、山梨県の増富温泉、鳥取県の三朝温泉が四大ラジウム泉といわれています。ラドン温泉、ラジウム泉は、吸う温泉といわれ、お湯に入るだけではなく、気化した蒸気を吸い込むことも効果があるとされています。疲れが取れないときなどにはオススメです。

 

座ったままでもOK☆腕と上半身のお手軽ストレッチ!

『ストレッチ』の効果と言えば一般的に体の緊張がほぐれてリラックスできるものというイメージが強いと思います。ところが、他にもこのような効果があるそうです。

 

*血行が良くなり細胞が若返る為、老化防止に繋がる

*基礎代謝が上がる為、ダイエットに役立つ

 

・・・なんとなくやって損はないんじゃないかな~?って思いませんか?

という事で今回はストレッチをこれから始められる方にもオススメのお手軽なストレッチをご紹介したいと思います。

  

≪動作1≫

まっすぐ頭の上に両腕を伸ばし手の平を合わせます。

合わせた手を後ろへ持っていき30秒キープし、腕を下ろします。

お腹が出たり、腰が反ったりしないように、腹筋と背筋を意識しましょう。しっかり意識することで、ウエスト回りの引き締めにもつながります。

 

呼吸は止めずに、ゆっくり大きく行うようにしましょう。

 

”30秒を1セットとし、一日3セットを目安にして下さい” 

 

 ≪動作2≫

手の平は下向きにし、両腕を目の前に差し出します。

手首を使い指先を上に向けて2秒キープした後、下に向けて2秒キープして下さい。

 

”上下2秒ずつを1セットとし、一日10セットを目安にして下さい”

 

ポイント&アドバイス

①自分で効いていると感じる所まで動かして下さい。

②効いていないと感じた場合はストレッチのフォームを見直してみて下さい。

③伸ばしてる最中、痛いと感じた場合はそこで止めて下さい。

④慣れてきて物足りないと感じた場合はご自身のペースで秒数やセット数を増やして下さい。  

 

ご紹介したストレッチは日常生活の中のほんの2,3分で立っても座ってもできる簡単な動作ですので続けやすいと思います♪是非お試しください☆

 

(Photo by:pixabay )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-10掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リラックス・癒しに関する記事

使用するレメディによって違う!ホメオパシーで癒しのひと時を♪

  ホメオパシーによる効果は、使用するレメディによって異なります。 レメディの...

隙間時間でリフレッシュ!自分でできる手のマッサージ

  仕事や家事の合間、通勤電車の中など隙間時間で心身ともにリラックスできる...


悩みの種類によって変えよう!オススメのアロマオイルについて

■アロマテラピーとはアロマテラピーという言葉が日本で広まり始めたのは90年代前半...

ラジウム(ラドン)温泉とはどんな温泉?

    温泉にはかならず温泉の成分や効能を書いたものが掲げられています。温泉...

カラダノートひろば

リラックス・癒しの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る