カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. リラックス・癒し >
  4. 入浴 >
  5. 夏の疲れをとるには湯船につかるのが一番!目的に合わせて入浴法を変えよう!

美容・ダイエット

夏の疲れをとるには湯船につかるのが一番!目的に合わせて入浴法を変えよう!

 

睡眠と入浴は深く関係しています。どんな睡眠を得たいかによって、入浴方法を変えることで、自分の希望する睡眠を得ることができるかもしれません。暑い夏は、どうしてもさっとシャワーで済ます人も多くなります。

しかし、それが夏の疲れを貯めてしまうひとつの要因なのです。

では、どれくらいの温度で、どれくらいの時間入ればよいのでしょうか?

夏疲れを解消するための、目的別入浴方法を見てみましょう。

 

「ぐっすり眠りたい」タイプの方は…

少しぬるいなと感じるくらいの温度(38度前後)のお湯にじっくり入りましょう。

目安としては20分~30分くらいです。

副交感神経が刺激され、心身ともにリラックスできます。長く感じるかもしれませんが、本を読んだり、好きな音楽を聴いたり、目をつぶってリラックスしていると意外に早く時間は過ぎてしまいます。

寝る1時間以上前には入浴を終わらせ、湯冷めしないように布団へ入ってください。また、浴室もそうですが、入浴後のリビングの照明を落とすことでより体がリラックスでき、スムーズに入眠できます。

 

「体の疲れが抜けきらない」タイプの方は…

少し熱めの温度(42~43度)でさっと入りましょう。目安としては半身浴で10分程度です。

この入浴方法によって緊張状態の筋肉をほぐすことができます。交感神経が刺激され入浴後に体がシャキッとします。

また、朝でかける前に入浴できると、1日の活力につながります。ただし、熱い温度はのぼせやすいので、気をつけてください。

 

「冷房でやられてしまった」タイプの方は…

女性に多いのがクーラーの効いたオフィスで1日中仕事をしていると冷房病にかかってしまうことです。この冷房病は首や肩が凝ってしまい、血行が滞ってしまいます。そんなときは、

通常くらいの温度(41度くらい)にじっくり浸かりましょう。

目安としては20分~30分くらいです。

湯船に浸かりながらストレッチやマッサージをすると血行が促され体が軽くなります。

 

入浴前には脱水を防ぐためにもコップ1杯のお水、入浴後もコップ1杯の水を飲むよう心がけてください。

また、無理は禁物です。入浴時間はあくまでも目安ですので、ご自身の体を第一に考えてください。

 

 (Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

入浴に関する記事

温度や入り方によって効果が違う!お風呂でセルフトリートメント

    ■あなたはお風呂をどんな入り方をしていますか? お風呂は毎日のことで...

手軽なストレス解消法♪お風呂で歌おう!

  一日の疲れを取るのにはお風呂は欠かせません。 お風呂場は声がよく響く...


リフレッシュしたい時、リラックスしたい時…目的別、お風呂活用術!入浴の健康効果を知ろう

温泉やサウナ、ジェットバスなどなど入浴によって得られる健康効果はさまざまです。...

旅先のホテルでも出来る!お湯の温度調節が難しいときの疲労解消入浴法

旅先のホテルで困るのが、シャワーの温度などを上手に調節出来ないケースがあること...

カラダノートひろば

入浴の関連カテゴリ

入浴の記事ランキング

人気体験談ランキング

美容・ダイエットのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る