カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 胃腸に優しい >
  5. 夏に疲れる体の原因は「胃腸」からだった!?夏は胃腸を酷使しがち…胃腸をいたわってあげよう!

健康診断・健康管理

夏に疲れる体の原因は「胃腸」からだった!?夏は胃腸を酷使しがち…胃腸をいたわってあげよう!

夏は体の疲れが溜まる季節ですが、その疲れに大きく関係するのが「胃腸」の疲れです。

夏は胃腸を疲れさせる要因、そして行動を知らない内にとっていることがあります。夏の胃腸の健康、あなたは大丈夫でしょうか。

 

夏は胃腸が弱る

暑い外と冷房のきいた涼しい中にいったりきたりするだけで、内臓はとてもダメージを受けます。人は5℃以上の温度の変化に体がついていけなくなる(自律神経が乱れる)ほど、内臓というのはとても繊細なのです。

 

夏はカキ氷、アイス、そうめん、ビール、と冷たいものがおいしい時期ですが、後先考えずに毎日冷たいものをとっていると、胃腸も参ってしまいます。

胃は交感神経と深くかかわっていて、自律神経が乱れると、影響を受けてしまいます。

胃腸が参ってしまうと、胃の血管が収縮して血液量も減ってしまい、胃の動き、胃酸、胃粘液の減少につながり、食欲不振からくる夏疲れにつながってしまうのです。

 

冷房も胃腸に悪い

また、冷房の効きすぎも体が冷えてしまうためNGです。クーラーや扇風機の風は直接体に当たらないように上向きにしておきましょう。

また寝る際には、暑くてもお腹周りにだけでも1枚タオルケットなどをかけておくのが良いでしょう。

 

胃腸に優しい食べ物

夏疲れを解消するには胃腸を強くし、とにかくスタミナをつけることです。そこで、意識して食べてほしいものは、ビタミンやミネラルを多く含む食材です。

ミネラルを多く含む食べ物というのは、夏の代名詞とも言われるうなぎ(ちょっとお値段は張りますが…)や、レバー、納豆、卵などが挙げられます。

 

また、胃が弱る前に食事に取り入れてほしいのが香辛料です。香辛料は胃の働きを促し、消化を助けてくれます。ですが、香辛料は刺激物です。胃が荒れてからではさらに胃に負担をかけてしまいますので気をつけてください。

 

夏は冷たい飲み物をキューっと飲みたくなりますが、胃の事を考え、温かいハーブティーもいいかもしれません。

少なくとも極端に冷たいものをたくさん飲む必要はないのだということを知っておきましょう。

 

 (Photo by:足成 )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃腸に優しいに関する記事

胃腸風邪の時に取っても良い食事とダメな食事とは?

   胃腸風邪になってしまったら、食事の事よりも、どうしたらこの下痢と嘔吐の苦...

カラダノートひろば

胃腸に優しいの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る