カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 季節 >
  4. >
  5. 夏に疲れがとれなくなる理由…その原因は冷房だった!?冷房で疲れが蓄積するってなんで?

健康診断・健康管理

夏に疲れがとれなくなる理由…その原因は冷房だった!?冷房で疲れが蓄積するってなんで?

暑い夏は冷房の効いた部屋で過ごすことが多くなります。その冷房が体に疲れを溜める原因を作っていることをしているのを知っているでしょうか。

夏は色んな所に、冷房によるダメージがあります。

 

冷房が体に与えるダメージ

暑い外から冷房の効いている室内に入るとひんやりとして涼しくて気持ちいいですよね。ですが時間がたつと、涼しくて気持ちいいというよりも、寒いなと感じてこないでしょうか。

その時点で体に大きな負担がかかっているのです。冷房の効いている室内に長時間いると血流が悪くなり、手先や足先が冷えてきてしまいます。また、肩こりなどの原因にもなります。

この状況が毎日繰り返されることで疲れが抜けきらない体になってしまうのです。

 

外と中の温度差が原因!

暑い外と冷房の効いている室内の温度差が5℃以上になると、人間の体はうまくそれに適応できなくなります。人間の温度調整を担っている自律神経は5℃以上の急激な温度変化に対応できないのです。

このような日々が続くと、体温を下げる働きがある「交感神経」と、体温を上げる働きがある「副交感神経」のバランスが乱れてしまい、自律神経失調症になってしまうのです。

体がだるくなってしまったり、冷えや頭痛、肩こりなども引き起こします。それが体に溜め込まれ、疲れが抜けにくくなるのです。

 

冷房をドライへ変えてみよう!

リモコンを見ると、冷房、暖房という項目のほかにもドライ(除湿)という項目があると思います。

暑さというのは湿気も関係していて、湿度が多くじめじめしているほど、嫌な暑さになってきます。日本の暑い夏は湿度も多いのが特徴です。

ドライ設定というのは除湿もできて、なおかつ涼しくもなるという2倍嬉しい機能なのです。

湿気を取ることにより、快適に過ごせますので部屋を冷やしすぎず、疲れが溜まりにくくなるというわけです。

 

どうしても冷房が効いた部屋で長時間過ごさなければならない場合は、ブランケットやカーディガン、レッグウォーマーなどで自分自身を温めるよう策をとりましょう。

 

 (Photo by:足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夏に関する記事

免疫力アップのカギは腸にあり!腸を弱らせてしまう意外な夏の習慣とは?

夏疲れで体の免疫力は低下しがちです。免疫力を上げるカギ、実は腸が握っています。...

細かいところもチェック!エアコンでの節電に欠かせない室外機メンテナンス♪

夏の消費電力の半分はエアコンによるもの、とも言われており、夏場の節電にはエアコ...


夏の車の運転はまぶしい!そのまぶしさには普通のサングラスではなく、偏光レンズがおススメ

  日差しの強い夏場での車の運転というのは、日差しのまぶしさから困難を感じる人も...

夏の疲労回復に有効な『補中益気湯』とは?~慢性疲労症候群(CFS)の治療法から

夏は、暑さによって体力が奪われるだけでなく、室内外の気温差によって、自律神経が...

カラダノートひろば

夏の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る