カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 高齢出産 >
  4. リスク・トラブル >
  5. 高齢になるほど危険?妊娠高血圧症候群って何?~高齢出産のリスク~

妊娠・出産

高齢になるほど危険?妊娠高血圧症候群って何?~高齢出産のリスク~

妊娠高血圧症候群とは、一昔前は妊娠中毒症と呼ばれていた症状です。普通は、妊婦健診で発覚しますが、妊娠高血圧症候群とはどんな症状が出て、診断された場合はどう対処すれば良いのでしょうか。

 

【妊娠高血圧症候群とは?】

妊娠前にはなかった症状で、高血圧、尿たんぱく、むくみのうち妊娠してから1つ以上見られるようになった場合に、妊娠高血圧症候群と診断されます。妊娠中毒症から妊娠高血圧症候群に名前が改められたのは、毒のようなものの中毒ではなく、妊娠によって起こる色々な生理現象に、母体が上手く適応できないために起こる症状だとして2005年に名前が変更されました。

 

妊娠高血圧症候群の発症率

この妊娠高血圧症候群は、どの年齢の妊婦さんにも起こりますが、高齢になるほど発症率も高くなっています。34歳以下の発症率が11%に対して、40歳以上では30%という高い確率で発症しているというデータがあります。

 

中でも一番気をつけなければいけない症状は高血圧です。加齢とともに、血管は老化しますが、妊娠したことで血圧が高くなって、高血圧になり、妊娠高血圧症候群の確立が上がると考えられています。

この症状を軽く見ていると、子宮へ流れる血液の量が減少して胎盤の働きが低下することで、胎児の発育が遅れたり、母体自体の肝臓や腎臓に障害がおきる可能性もあり、とても危険な状態に陥ります。

 

妊娠高血圧症候群の改善

妊娠高血圧症候群の予防は、減塩と減量が効果的なので、妊娠前から血圧が高い人や肥満傾向の人は、妊娠後から食生活に特に注意して、妊婦健診で、妊娠高血圧症候群と診断された場合は、医師の指導を受けて食事の改善や運動療法等を取り入れて行きましょう。

写真://www.ashinari.com/2014/06/12-388795.php?category=3

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リスク・トラブルに関する記事

高齢出産のリスクとは? 卵子の老化~喫煙と卵子老化の関係~

2011年度の厚生労働省などの調べによれば、初産時の平均年齢は30.1歳と、妊...

高齢出産で軽視できない妊娠高血圧症候群…母体にも胎児にも悪影響がある!

  妊娠高血圧症候群は、高齢出産で伴う危険の中のひとつですが、具体的に何が危険な...

リスク・トラブルの体験談

海外で出生前診断 37歳で初めての妊娠&出産

みなさんは出生前診断されましたか?? 出生前診断をすることには、いろいろな意見があると思います。日...

40歳と42歳で出産!羊水検査は必要?高齢出産を経験して思う事

私自身4人の子供達がいます。 上の2人は若い頃に出産しました。下の2人はまさしく高齢出産です。 ...

カラダノートひろば

リスク・トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る