カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 高齢出産 >
  4. リスク・トラブル >
  5. 高齢出産のリスクは女性だけではない?父親のリスクは?

妊娠・出産

高齢出産のリスクは女性だけではない?父親のリスクは?

高齢出産とは、35歳以上で初めての出産、40歳以上で2人目以降の出産をする場合を言いますが、高齢に伴い、妊娠・出産には様々なトラブルが起こりやすくなります。また、加齢とともに卵子も老朽化しているため、若い年代の出産より、高いリスクを伴います。このリスクを上げるのは女性が原因だけではなく、父親の年齢が高いと、さらにリスクが上がると言われています。また、夫婦の年齢が上がるにつれて妊娠率が下がるので、自然妊娠が難しくなってきます。夫婦双方のリスクを考えてしっかり話し合って妊娠準備をしましょう。

 

【ダウン症の発症率が上がる】

高齢出産の場合は、女性の卵子の老朽化によって、染色体異常が起こる確率が高くなり、流産の可能性も高くなります。染色体異常の中でも、一番頻度の高いのがダウン症候群です。ダウン症は、21番目の染色体が1本多いことによる先天性の染色体異常です。知能や運動能力などの発達の遅れや、心臓に先天性の疾患を伴う事があります。

 

【自閉症の発症率が上がる】

近年、新生児自閉症発症率の増加傾向があげられます。このリスクは、実は父親の年齢が大きく影響していると言われています。父親が40歳を過ぎてから生まれた新生児は、自閉症になる確率が、30歳未満の父親と比べると約6倍で、40歳未満の父親と比べると1.5倍以上あるというデータがあります。

 

このほかにも、妊娠中の妊娠中毒症や早産、流産、子宮内胎児発育遅延、帝王切開など、たくさんのリスクを伴いますが、高齢出産では、経済的にも精神的なゆとりもあり、配偶者の協力も得られやすいので、リラックスして出産に臨めるのではないでしょうか。

 

写真:http://www.ashinari.com/2014/06/12-388814.php?category=3

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リスク・トラブルに関する記事

高齢出産に伴うリスクにはどんなものがあるの?~卵子の老朽化について~

高齢出産は35歳以上の初産婦と定義されており、それ以前の年齢で出産するよりトラ...

二人目の高齢出産っていつから?リスクとダウン症発症率を教えて!

高齢出産の定義は、35歳以上の初産をさしています。 しかし、2人目の出産に...

高齢出産の体験談

海外で出生前診断 37歳で初めての妊娠&出産

みなさんは出生前診断されましたか?? 出生前診断をすることには、いろいろな意見があると思います。日...

40歳と42歳で出産!羊水検査は必要?高齢出産を経験して思う事

私自身4人の子供達がいます。 上の2人は若い頃に出産しました。下の2人はまさしく高齢出産です。 ...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る