カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 高齢出産 >
  4. 男性 >
  5. まさか!高齢の父親が子供の精神疾患に影響している?!

妊娠・出産

まさか!高齢の父親が子供の精神疾患に影響している?!

近年、晩婚化が進み、高齢出産が増えてきました。高齢出産が増える一方で、産まれてくる子供に様々な影響が出ていることが分かってきています。どんな影響があるのでしょうか。

 

【高齢の両親が子供に与える影響】

このところ、スウェーデンで行われた研究で、高齢の父親から生まれた子供が、精神的な問題や、自閉症、注意欠陥障害などの疾患になる危険性が高まるという結果がでたと発表されました。この研究によると、父親が20歳~24歳の時点で生まれた子供と、45歳以上になってから生まれた子供を比べると、双極性障害の可能性が25倍高かったようです。また、高齢の父親から生まれた子供は、注意欠陥多動性障害の可能性が13倍高く、さらには、父親が45歳以上になってから生まれた子供は、24歳以下の父親と比べて自閉症になる可能性が3.5倍高く、自殺行為や薬物依存の危険性も2.5倍高かったとされています。

 

これまでは、子供の障害や異常は、高齢の母親による出産の影響によるものとされてきましたが、最近では、父親の高齢も子供に与える影響が大きい事を示す研究が増えてきました。そして、今まで、男性は高齢になっても新たな精子を作ることができ、女性は高齢化するにつれて、卵子が老朽化して卵子の数が減少する事が、子供の障害などの影響を与えていると指摘されてきました。しかし実は、年齢を重ねた精子は多くの環境的な影響を受けて、精子が作られるときにDNAに異変が起きる可能性がある事が、様々な研究の結果、新たに分かってきました。

 

晩婚化で、夫婦の年齢も上がってくることで自然妊娠も難しくなり、不妊治療をしながらの妊娠が増えていることも、更にリスクを上げる原因となっているのではないでしょうか。どちらか一方に原因があると思わず、夫婦で話し合いながら結婚後の生活を考えると良いのではないでしょうか。

 

写真: //www.ashinari.com/2013/11/15-383709.php?category=3

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

男性に関する記事

父親の年齢も関係アリ?!高齢出産のリスクとは?~リスクを増やさないために~

現在日本では35歳以上の初産の女性が高齢出産に値するとされています。女性であれ...

父親が高齢の場合にも高齢出産のリスクはある!生まれた子どもは性特有の病気にかかりやすい!?

高齢出産と言えば、母親が35歳以上の場合のリスクが取り上げられることが多いで...

高齢出産の体験談

海外で出生前診断 37歳で初めての妊娠&出産

みなさんは出生前診断されましたか?? 出生前診断をすることには、いろいろな意見があると思います。日...

40歳と42歳で出産!羊水検査は必要?高齢出産を経験して思う事

私自身4人の子供達がいます。 上の2人は若い頃に出産しました。下の2人はまさしく高齢出産です。 ...

カラダノートひろば

男性の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る