カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 高齢出産 >
  4. リスク・トラブル >
  5. 高齢出産に伴うリスクにはどんなものがあるの?~卵子の老朽化について~

妊娠・出産

高齢出産に伴うリスクにはどんなものがあるの?~卵子の老朽化について~

高齢出産は35歳以上の初産婦と定義されており、それ以前の年齢で出産するよりトラブルが起きやすいといわれています。

 

【高齢出産のリスク】

・流産

全妊娠の自然流産率は10~15%と言われています。それに対して、35歳以上では確率が20%と言われており、主な原因として挙げられるのが、卵子の老化、卵子の老化による胎児の先天異常が挙げられます。妊娠前期での流産は、赤ちゃんの染色体異常が原因で起こると言われています。流産は悲しい事ですが、この前期での流産は自然淘汰で、100%の予防策はありません。高齢出産でなくても10人に1人が経験すると言われています。

・先天異常

35歳以上になると、先天異常の発生率が高くなり、中でも加齢が影響しやすいのは染色体異常(ダウン症など)で、医学的にも、高齢になればなるほどリスクが高くなるというデータがあります。これは、やはり、卵子の老朽化が原因となっています。女性は卵子を持って生まれてきますが、その卵子は年齢と共に劣化してしまいます。高齢になるにつれて、卵の減数分裂の際に、第21染色体が離れにくくなり、1本余分に存在する卵を作ってしまう事が原因でダウン症になると言われています。これは先天的なものなので予防策はありません。

・妊娠高血圧症候群

妊娠後のむくみや、蛋白尿、高血圧などの症状のうちどれか1つでも出現したものを、妊娠高血圧症候群と言います。この中でも高血圧が一番注意が必要と言われています。加齢による内臓機能の低下や、妊娠による生体の変化が起こるので、この妊娠高血圧症候群は高齢の妊婦さんに多く見られます。妊娠高血圧症候群を防ぐには、早期発見や、食事や栄養指導を受けることが必要となります。

 

高齢出産だから危険という訳ではなく、妊娠・出産にはトラブルがつきものなので、赤ちゃんと一緒にあらゆるリスクに立ち向かう強さが必要です。

 

写真://www.ashinari.com/2014/06/13-388862.php?category=2

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リスク・トラブルに関する記事

高齢出産のリスクと言われる染色体異常とその確率とは?年齢とともに高くなるダウン症発症率

高齢出産だと、流産やダウン症の発症リスクが上がることがわかっています。ここで...

高齢出産だと流産のリスクは高くなる!原因はタンパク質の減少にあり!?

高齢出産になればなるほど流産のリスクが上がってしまう、という話を聞いたことがあ...

リスク・トラブルの体験談

海外で出生前診断 37歳で初めての妊娠&出産

みなさんは出生前診断されましたか?? 出生前診断をすることには、いろいろな意見があると思います。日...

40歳と42歳で出産!羊水検査は必要?高齢出産を経験して思う事

私自身4人の子供達がいます。 上の2人は若い頃に出産しました。下の2人はまさしく高齢出産です。 ...

カラダノートひろば

リスク・トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る