カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 高齢出産 >
  4. リスク・トラブル >
  5. 高齢出産で染色体異常と流産のリスクが高くなる?!卵子の老化について

妊娠・出産

高齢出産で染色体異常と流産のリスクが高くなる?!卵子の老化について

高齢出産では、染色体異常や胎児の障害のリスクが高くなると言われています。ダウン症は染色体異常によって発症するという事はよく知られています。この染色体異常はどうして起きるのでしょうか。

 

【染色体異常と流産について】

ダウン症の子供が産まれる確率は、出産年齢が20歳では約1500人に1人の割合ですが、30歳で約1000人に1人、35歳だと約400人に1人、40歳では100人に1人、45歳で約30人に1人の割合となっています。

 

妊婦が高齢であるという事は、卵子も高齢になっています。卵子は女性が胎児の時点ですでにできているので、生涯にわたって卵子の数は決まっています。そして年々、卵子は老化して行きます。卵子が老化していることでダウン症やその他の染色体異常にかかる確率が高くなるのです。この染色体異常は「トリソミー」と呼ばれ、ダウン症以外のものもありますが、ダウン症以外のトリソミーの場合は、殆どの場合が流産するか、産まれて来ても短命になってしまいます染色体異常の確立が高い分、必然的に流産のリスクも高くなります。流産する確率は、20代では10%、30代で15~18%、40歳以上では40%になります。また、高齢出産で初産の場合は、産道や子宮口が硬いため難産になりやすい傾向にあります。年齢が高くなるにつれて、お産に耐えられる体力も低下するので、帝王切開になる確率が高くなります。染色体異常の子供は早産になりやすく、陣痛が来てから出てくるまでの時間が短い傾向があると言われています。

 

このように高齢になるほど、妊娠・出産のリスクが高くなることは医学的にも言われていますが、実際は、個人差によるものが大きいので、妊娠前や妊娠中の生活習慣も大事にしましょう。

 

写真://www.ashinari.com/2014/06/10-388730.php?category=3

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リスク・トラブルに関する記事

高齢になるほど危険?妊娠高血圧症候群って何?~高齢出産のリスク~

妊娠高血圧症候群とは、一昔前は妊娠中毒症と呼ばれていた症状です。普通は、妊婦...

高齢出産に伴うリスクにはどんなものがあるの?~卵子の老朽化について~

高齢出産は35歳以上の初産婦と定義されており、それ以前の年齢で出産するよりトラ...

リスク・トラブルの体験談

海外で出生前診断 37歳で初めての妊娠&出産

みなさんは出生前診断されましたか?? 出生前診断をすることには、いろいろな意見があると思います。日...

40歳と42歳で出産!羊水検査は必要?高齢出産を経験して思う事

私自身4人の子供達がいます。 上の2人は若い頃に出産しました。下の2人はまさしく高齢出産です。 ...

カラダノートひろば

リスク・トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る