カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 溺れたとき >
  5. 浅いプールやお風呂で起こる水の事故を防ぐには!~子どもの水難事故~

育児・子供の病気

浅いプールやお風呂で起こる水の事故を防ぐには!~子どもの水難事故~

 実際に、海や川で遊んでいる子供が溺れたというニュースは毎年たくさん聞きますが、実は、身近なお風呂や、家の庭で遊ばせる小さなプールでも溺れてしまうケースがあります。このくらいなら大丈夫と思っていても、小さな子供はどんな状況で溺れてしまうか分かりません。水での事故を防ぐためにできることを考えてみましょう。

 

(意外と多い水の事故)

夏になると、家の庭でも水位が10cm位浅いプールで遊ばせている姿をよく見かけます。このくらいなら溺れることもないし、大丈夫と思って油断していると、幼児うつ伏せ転倒してしまった時に、鼻や口をふさがれて窒息してしまう事もあります。ビニールタイプのこのプールは滑りやすいので、特に注意が必要です。しかも、すぐに気がつけば助けることもできますが、何かを取りに室内に行っていて少し目を離した時や、最近特に多いのは、保護者が携帯に気を取られて、溺れているのに気が付かずに発見が遅れてしまう事です。

 

(水を大量に飲んでしまったらどうなるの)

息継ぎも上手にできない幼児が、プールやお風呂で多量に水を飲んでしまうと、低ナトリウム血症という状態に陥ります。これは、水分を多量に摂取することで、血液が極端に薄まってしまう状態です。大人でも、多量に水を飲んでしまうと同じようになってしまいます。人は腎臓を通して水分排泄を行っているのですが、一定時間で処理できる水分量は決まっています。子供は大人に比べてその処理できる量も少ない為、少しの時間でも一気に多量に飲み込むことで、危険な状態になってしまいます。

 

 

このような状態に陥らないためには、水で遊ぶ時は、必ず保護者の目配り気配りが必要です。水の中に子供がいる場合は、決して目を離さないようにしましょう。

 

 写真://www.ashinari.com/2014/05/01-388372.php?category=2

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

溺れたときに関する記事

危険回避が何より大事!子どもが溺れないためには

  重大な事態に至りやすいのが、水の事故です。子どもを守るためには、どこに...

目の前で子供が溺れてしまったら?正しい救助の方法!

海や川など、夏はレジャーに行く機会が増え、楽しみがたくさんありますよね。しか...

ケガ・応急処置の体験談

生後2か月ソファからの転落

私の不注意で二ヶ月のとき息子がソファーから落っこちてしまいました。うちは完母なのですが、その頃なぜか...

ハイターを!?動き出した0歳児は何するか分からない!?

先日8か月の次男がキッチンハイターを棚の奥から勝手に取り出してきて倒してひっかぶるという事件が......

カラダノートひろば

溺れたときの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る