カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. 日光 >
  5. 元気な子供は日焼けは当たり前?その症状は放っておいても大丈夫?

アレルギー

元気な子供は日焼けは当たり前?その症状は放っておいても大丈夫?

元気な子供といえば、真っ黒に日焼けして外で遊びまわっているというイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。子供だから日焼けしても大丈夫!そう思っていると、何年か後には大変なことになってしまうかもしれませんよ。

 

(子供の日焼け)

大人に比べて外にいる時間が長い子供は、必然的に紫外線を浴びる量が多くなってしまいます。子供の肌は、大人と比べるとまだまだ発達段階のため、細胞分裂が活発です。この細胞が分裂する回数が多いと、紫外線で傷ついた遺伝子の修復が上手くいかなくなる事があります。親子で同じ時間外にいて、同じ紫外線の量を浴びたとしても、子供の肌の方が皮膚に浸透しやすく紫外線のダメージを受けやすいのです。このように、子供の肌が日焼けで真っ黒になるという事は、紫外線の悪い影響を受けてしまっているからなのです。子供だからと言って、何の対策もせずに、何年も紫外線を浴び続けると、皮膚がんになる可能性が高くなってきます。紫外線の影響である、シミやシワなどは何年も経ってからなので、油断していると肌は老化するのが早くなってしまいます。

 

(日焼けの症状)

日焼けをすると、肌は乾燥した状態になってしまいます。また、日焼け直後は真っ赤になってヒリヒリするなどの症状が出ます。また、重症の場合は、発熱、倦怠感、頭痛、嘔吐、水ぶくれなどの症状が併発する事があるので、このような症状が見られた場合は、すぐに病院へ行って、適切な処置を受けましょう。

 

 

日焼けは、だいたい6時間から1日をピークに症状は治まってきます。時間が経っても症状が治まらない、悪化した場合は、皮膚のダメージがひどくなり、痕が残ることもあるので早めの受診をお勧めします。

 

 写真://www.ashinari.com/2014/06/13-388842.php?category=9

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

日光に関する記事

日光アレルギーの人が外出時に持っておきたいもの

日光アレルギーとは言えども、全く外に出ないで生活するのは大変です。よほど重度で...

ソラーゲンを避けて日光アレルギーを予防

日光アレルギーと深い関係にあると言われているのがソラーゲンという成分です。●ソラ...


日光アレルギーに有効なビタミン

日光アレルギーを持っている方には、いくつかお勧めのビタミンがあります。ビタミン...

暑い夏を乗り切ろう!日射病にならないためにできるセルフケア

  まずは、この暑い夏を乗り切るために、日射病にならないように自分で出来る予防...

カラダノートひろば

日光の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る