カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 近視 >
  5. 網膜解離などの網膜の病気を防ぐ時に必要なビタミンAの役割とは?

気になる病気・症状

網膜解離などの網膜の病気を防ぐ時に必要なビタミンAの役割とは?

 

ビタミンAは必須のビタミンとして知られています。厚生労働省などでも摂取基準を決定したりしており、欠乏すると重篤な病気になりやすいとされています。今回はビタミンAの体内での働きや摂取基準について紹介します。

 

 

ビタミンAの働き

目においてビタミンAが働く場合は、体内で活性型のレチノールとなり働きます。レチノールは視覚色素を形成するため、目の視覚機能にとってなくてはならないものです。また、ビタミンAの働きとして細胞の増殖や分化を制御したり、免疫作用の促進もあるとされています。これらの働きはレチノイン酸というビタミンAがレチノールに変換され、レチノールが酸化されてできた物質によってなされます。ビタミンAが欠乏すると夜盲症や皮膚。粘膜の角化、感染症にたいする抵抗力の低下などがあります。

 

ビタミンAの摂取基準

 

1日の摂取する推奨量は成人の男女ともにレチノール当量850μg、上限量は成人の男女ともにレチノール当量2700μgです。ビタミンAを多く含む食品はウナギやレバー、卵、牛乳などです。

 

ビタミンAと同じ働きをするカロテノイド

 

カロテノイドは体内に入るとビタミンAに変換され、ビタミンAと同じ過程を通り、同様の働きを示します。しかし、ビタミンAが必要量ある場合はビタミンAには変換されません。このため、カロテノイドがビタミンAの過剰症にかかわることはないとされており、カロテノイドは摂取目安量や摂取上限量がありません。

 

 

このようにビタミンAは目の健康を保つ、免疫力ために大切なビタミンです。普段から摂取することをお勧めします。

 

(Photo by //pixabay.com/ja/%E7%9B%AE-%E5%A7%89%E5%A6%B9-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC-277159/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

近視に関する記事

寝ている間に眼が良くなる!オルソケラトロジー

    最近、一部の医療機関で近視や乱視の矯正法として「オルソケラトロジ...

視力を回復!レーシックってどんなもの?

  「メガネやコンタクトレンズをつけなくても、目が良く見えるようになる!」近視...


あなたの顔は目に紫外線が当たりやすい顔?「日本人顔」で「近視」は目の日焼けに注意!

  日差しが強いときに外で活動していると「日焼けしちゃうな」と感じられると思いま...

レーシック後に必要なケアと合併症

    レーシックの手術は20分程度で終わり、術後は自宅に戻ることができます...

カラダノートひろば

近視の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る