カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 食事 >
  5. 肌の老化や血管の老化を防いでくれるビタミンC!体での働きや摂取目安は?

美容・ダイエット

肌の老化や血管の老化を防いでくれるビタミンC!体での働きや摂取目安は?

 

 

現在ビタミンCはアスコルビン酸とも呼ばれます。抗酸化作用があり、肌に良いとも言われています。今回はビタミンCの体での働きや摂取目安について紹介します。

 

 

ビタミンC(アスコルビン酸)の体内での働き

 

ビタミンCは、還元型のアスコルビン酸や酸化型のデヒドロアスコルビン酸という物質として、植物性食品に存在しています。体内では、酸化型のデヒドロアスコルビン酸も還元力の強いアスコルビン酸となって働きます

体内の働きとしては、コラーゲンを生産する際の助けとなったり、活性酸素を消去する働きを示します。欠乏すると壊血病といった病気になります。コラーゲンは肌を作る細胞であり、ビタミンCが少なくなると肌が老化するといわれています。

活性酸素は、細胞を構成するリン脂質などに水素分子をわたして酸化させ、活性酸素自身は酸素分子にもどるかわりに、細胞を老化させる働きをもちます。ビタミンCはリン脂質のかわりに活性酸素に酸化され、細胞の老化を防ぎます

また、活性酸素はリン脂質だけでなく、血液中のコレステロールや中性脂肪も酸化させる働きをもっています。この働きもビタミンCは防ぎます。このため、ビタミンCは脳梗塞や高脂血症などのリスクを低下させる働きもあります。

 

ビタミンCの摂取目安

 

ビタミンCの摂取目安は、男女ともに1日当たり100mgとされています。しかし、現在は生活習慣病が増えたり、活性酸素を増加させる原因であるストレスが多くあるため、これ以上摂取したほうがよいという意見もあります。ビタミンCは水溶性のため、過剰分は体外に流れ出てしまい、過剰症はほとんどありません。排出される際に通る器官である腎臓・膀胱などに疾患のある方は、医師の指示に従いビタミンCの摂取量を決定してください。

 

 

このようにビタミンCは現代人にとって有用なビタミンです。普段から野菜や果物を摂取し、ビタミンCを摂取するようにしましょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2009/01/16-012764.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

食事に関する記事

自然の甘みをギュッと出す!秋の味覚・サツマイモを美味しくゆでる方法

秋になれば、秋ならではの美味しい味覚がたくさん出てきます。サツマイモはそのホク...

美肌に!ネギたっぷりの豚肉巻き

【レシピ】ネギたっぷりの豚肉巻きネギには硫化アリルという物質が含まれており、ビタ...


ヨーグルトってどれも一緒?それとも違うの?

スーパーやコンビニエンスストアの棚には、じつに多くの種類のヨーグルトや乳酸菌...

ビタミン類が豊富な夏野菜、トウモロコシとカボチャで夏の肌荒れを防ごう!

夏になるとなんとなく肌がくすんで、肌荒れがひどくなる方も多いかもしれません。...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る