カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 基礎知識 >
  5. その他 >
  6. 高脂血症を防ぐコレステロールの代謝の仕組みと体外への排出の仕方について

生活習慣病

高脂血症を防ぐコレステロールの代謝の仕組みと体外への排出の仕方について

 

 

高脂血症を防ぐためには、コレステロールを代謝し、血液中から排出しなければいけません。しかし、コレステロールが代謝され排出される仕組みを知らない人は多いのではないでしょうか?今回はコレステロールの代謝の仕組みについて調べてまとめました。

 

 

コレステロールの代謝の仕組み

 

コレステロールの代謝が行われる器官は肝臓です。肝臓でコレステロールはいったん胆汁として分泌されます。胆汁は十二指腸に送られ、膵液と一緒になります。そして、膵液の消化酵素を活発にし、脂肪やタンパク質の分解を膵液単体の場合より促進させます。消化を手助けした胆汁は腸管内でほとんどが吸収され、再び肝臓にもどります。吸収されなかった分は体外に排出されます。コレステロールを体外から排出し、血管に残っているコレステロールを使うようにし、コレステロール値を減らすためには胆汁の腸管内での吸収を防ぐ必要があります。

 

胆汁を腸管内で吸収させない成分

 

胆汁を腸管内で吸収させない成分として、水溶性食物繊維や難消化性タンパク質、難消化性ペプチドがあります。水溶性食物繊維や難消化性タンパク質、難消化性ペプチドは腸内で水分を吸ってブヨブヨとしたものとなり、胆汁を吸着してくれます。また、水溶性食物繊維や難消化性タンパク質、難消化性ペプチドは食事由来のコレステロールについても吸着して、体外に排出する作用があるとされています。

 

 

このような作用でコレステロールは代謝・排出されています。高脂血症の心配がある方は水溶性食物繊維や難消化性タンパク質、難消化性ペプチド、植物性ステロール、茶カテキンを積極的に摂取してください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2009/07/21-024566.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

「コレステロールが高めの方」用に特定保健用食品として認められている成分とは?

    近年生活習慣病の原因の1つとして、高脂血症が問題視されています。その...

エイコサペンタエン酸をとって中性脂肪を下げる!

  中性脂肪の増加は動脈硬化の原因ともなり、脳卒中や心筋梗塞など命に関わる...


トクホ(特定保健用食品)の飲み物でコレステロールを下げよう

  健康診断でコレステロールの値が高い場合、口にする食べ物・飲み物について...

LH比が大きいと動脈硬化になりやすい?!コレステロール値について

    LH比とは、血管のLDLコレステロールとHDLコレステロールの関係の...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る