カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 基礎知識 >
  5. その他 >
  6. 「コレステロールが高めの方」用に特定保健用食品として認められている成分とは?

生活習慣病

「コレステロールが高めの方」用に特定保健用食品として認められている成分とは?

 

 

近年生活習慣病の原因の1つとして、高脂血症が問題視されています。そのため、特定保健用食品において「コレステロールが高めの方」に有用とされる成分を含む製品が多く発売されています。今回は「コレステロールが高めの方」に有用とされる成分について紹介します。

 

 

「コレステロールが高めの方」に有用とされる成分

 

・キトサン

エビやカニなどの甲殻類に含まれている成分です。腸内で水分を吸ってブヨブヨとしたものとなり、胆汁を吸着し、体外に排出してくれます。

 

・サイリウム種皮由来の食物繊維

サイリウムという植物の種子に含まれる成分であり腸内で水分を吸ってブヨブヨとしたものとなり、胆汁を吸着し、体外に排出してくれます。

 

・低分子化アルギン酸ナトリウム

低分子化アルギン酸ナトリウムは昆布などの海藻に多く含まれる成分です。腸内で水分を吸ってブヨブヨとしたものとなり、胆汁を吸着し、体外に排出してくれます。

 

・大豆たんぱく質

腸内で水分を吸ってブヨブヨとしたものとなり、胆汁を吸着し、体外に排出してくれます。

 

・リン脂質結合大豆ペプチド

大豆に含まれる成分です。リン脂質結合大豆ペプチドの分子はミセルという形になり、コレステロールを囲み、腸管内で吸収されないようにします。

 

・植物ステロール

植物ステロールは大豆などに含まれます。植物性ステロールと食事由来のコレステロールの吸収が競合し、コレステロールが腸管内で吸収されるのを阻害します。

 

・茶カテキン

コレステロールを原材料として生産される胆汁酸の中からコレステロールにあたるものを抜き取り、腸管内で吸収されるのを防ぎ、体外に排出します。

 

・ブロッコリー、キャベツ由来の天然アミノ酸(S-メチルシステインスルフォキサイド:SMCS)

コレステロールは肝臓で代謝され胆汁酸となります。ブロッコリー、キャベツ由来の天然アミノ酸(SMCS)はコレステロールを代謝し、胆汁酸に変えることを促進させます。

 

 

このように、高脂血症を防ぐためにさまざまな特定保健用食品が出されています。普段の食事が外食などで脂質が多いと感じている方は、利用してみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2009/07/21-024566.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

コレステロールってそもそもなに?

コレステロールってそもそもなに?■コレステロールは身体に必要なものですコレステロ...

高脂血症を防ぐコレステロールの代謝の仕組みと体外への排出の仕方について

    高脂血症を防ぐためには、コレステロールを代謝し、血液中から排出しなけ...


中性脂肪を下げるサプリの成分を確認しよう!

  中性脂肪の数値は、定期的な健康診断の中で血液検査によって確認することが...

女性の閉経と高脂血症の関係

      一般的に、女性は男性と比較して心血管疾患に罹患しにくいと言われてき...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る