カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 脳出血 >
  5. 最悪な事態にならないために…脳卒中の前兆の症状を知って早期発見を目指そう!

気になる病気・症状

最悪な事態にならないために…脳卒中の前兆の症状を知って早期発見を目指そう!

 

 

脳卒中は脳内で毛細血管が破裂し、出血がおこる病気です。出血がひどくなると、死亡したり、死亡までいたらなくても脳の細胞に負担を与え、常にしびれがある、常にろれつが回らない、麻痺、体の一部が動かないなどの障害を残したりします。しかし、早期発見を行えば生活習慣を正したり、薬物治療を行ったりして、重篤な症状を防ぐことができます。今回は早期発見のために脳卒中の前兆にあたる症状を紹介します。

 

脳卒中の前兆である症状

 

脳出血が全く起こっていない状態においては、血圧が高い、LDLコレステロールの値が高い、HDLコレステロールの値が低い、トリグリセリドの値が高いなどの検査を行ってわかることが前兆となります。血圧が高い場合は血管に負担をかけますし、LDLコレステロールの値が高いまたはHDLコレステロールの値が低い、トリグリセリドの値が高いもしくはすべてに該当する場合は、血栓ができやすい状態となります。

 

脳出血が少量起こっている場合には一時的に片側の手足が痺れたり、ろれつが回らない、頭が重いなどの症状がでます。出血量が少なければまだ対処する方法がありますので、このような症状がでたらすぐに医療機関を受診してください。

脳の画像診断を行い、出血の場所、大きさ、状況によって血圧を下げる効果のある薬や脳のむくみを抑える効果のある治療薬を処方してくれます。ただし、根本的な原因は生活習慣にあるため、脳卒中を本格的に治療するためには生活習慣を正していく必要があります。

 

 

上記が脳卒中の前兆にあたる症状となります。このような症状に心当たりのある方は医療機関を受診し、医師の指示に従ってください。脳卒中は生活習慣を正すことで防ぐことができますので、規則正しい生活を行ってください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/07/01-364376.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脳出血に関する記事

頭を打ってからしばらく経った後に異変?慢性硬膜下出血とは その問診票

交通事故にあって、頭を打ったけどなんともなかった!でも数カ月後になんだか体の...

もしも慢性硬膜下血腫になったら どんな手術が行われるのか?

適切な時期に治療を行えば、完治することもできる慢性硬膜下血腫。「頭の手術」と...


慢性硬膜下血腫の認知症状を見分けるポイント 他の認知症との違い

  慢性硬膜下血腫はその特徴から「治せる認知症」とも言われています。診断はCT...

脳出血は後遺症が残るの?脳出血を予防する大事なポイント

脳出血は、脳内で血管が破れて出血するという病気です。 高血圧の方、もともと...

カラダノートひろば

脳出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る