カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 運動療法 >
  5. メタボリックシンドロームを防ぐために速歩を行ってみよう!~メタボ予防の運動~

生活習慣病

メタボリックシンドロームを防ぐために速歩を行ってみよう!~メタボ予防の運動~

 

現在メタボリックシンドロームが問題視されています。このメタボリックシンドロームを防ぐためには、食事の適正化とともに運動を行うことが必要です。しかし、運動といっても仕事を行っている人や育児に追われている人にとって、わざわざ時間をとって行うのは大変だと思います。このため今回は通勤、通学、買い物の際にできる速歩についてご紹介します。

 

 

速歩のメリット

 

速歩についてはアメリカ・ハーバード大学の研究チームの調査や、東京都老人総合研究所による老化予防の長期研究プロジェクトの調査で、糖尿病の患者の方(もしくは血糖値の高い方)において歩く速度が速い方が死亡率が低い・健康な方においては歩く速度が速い方が心筋梗塞など血管系の病気になりにくい・高齢の方では歩く速度が速い方が長寿命であるといった報告が上がってきています。このような効果が速足にあるのは、速歩が適度な運動となり、インスリンの分泌がよくなる・心臓機能が向上する・肺機能が向上するなどの理由が考えられています。

また、速歩についてだけではなくウォーキング全般にいえることですが、長時間まとめて歩いても、10分程度に分けて何度か歩いても、同じ効果が得られます。

 

速歩のやり方

 

長時間まとまって行うか、10分程度ずつ何度かにわけて行うかは個人の自由とされています。の歩行なら、通勤・通学・買い物などで簡単にできます。歩き方は歩幅を大きくとり、(10分間で)軽く汗ばむ程度の速さで歩きます。ただし、通勤・通学・買い物などの場合、靴が歩きにくい場合があるので無理はしないでください。もしくは仕事用、通学用の靴、おしゃれ靴の他に、歩きやすい靴を持ち歩き、歩くときだけ歩きやすい靴に変えるといった方法をとってください。

 

 

以上が速歩のメリットと速歩のやり方です。簡単にできますので試してみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/11/18-373177.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動療法に関する記事

メタボの原因、内臓脂肪!この内臓脂肪はどうしたら簡単になくなるの?

  お腹周りがポッコリと出た体型の人は、内脂肪が多いメタボリックシンドロームの...

「有酸素運動は20分持続しないと意味がない」は本当?実は持続時間より総合時間の方が大事

  メタボリックシンドロームで問題となる内臓脂肪や、見た目が気になる皮下脂肪は...


運動には肥満対策以外にもいろいろメリットがあります!

メタボや肥満対策には、様々な療法がありますが、その一つが運動療法です。 で...

メタボ対策に忘れてはいけないのは筋トレ!

  メタボリックシンドロームの解消に食事制限をしようとしても、ちょっとの量を食...

カラダノートひろば

運動療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る