カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 基礎知識 >
  5. 原因 >
  6. 運動不足や飲酒、喫煙など…生活習慣からみる病気の可能性とは?

生活習慣病

運動不足や飲酒、喫煙など…生活習慣からみる病気の可能性とは?

 

 

悪い生活習慣が病気の原因となる場合があることは、みなさんもご存じだと思います。また、自分の生活習慣や周りの親しい人の生活習慣を見ていて「病気になるのではないか?」と考えてしまう場合もあると思います。今回は、気になる生活習慣の乱れがどのような病気の発症要因になりえるかについてご紹介します。

 

 

食品生活で発症しやすくなる病気

食生活は健康の基本です。年齢に適したカロリーを摂取し、バランスのとれた食事が必要となります。外食が多い、ファーストフードやお菓子をよく食べる方は注意してください。

 

<発症しやすくなる病気>

肥満、高血圧、糖尿病、痛風、動脈硬化、狭心症、心筋梗塞、脂肪肝、胆石、歯周病、食道がん、胃がん、大腸がん

 

運動習慣

1週間に60分程度汗を軽くかくレベルの運動を行うことが推奨されています。通勤や通学であまり歩いていない、車通勤である方は要注意です。

 

<発症しやすくなる病気>

肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病

 

喫煙

喫煙は万病の元です。できる限り禁煙もしくは吸うタバコの本数を減らすなどの対処をすることをおすすめします。

 

<発症しやすくなる病気>

慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺がん、喉頭がん、咽頭がん、食道がん、胃がん、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、高脂血症、歯周病

 

飲酒

少量の飲酒は健康を促進しますが、多量のアルコールの摂取は健康を害します。アルコールは1日に、純アルコールに換算して20gまでにしてください。実際のお酒に換算すると、ビールは中びん1本(500ml)、日本酒は1合(180ml)、ウイスキーはダブル1杯(60ml)、焼酎0.6合(110ml)が目安となります。

 

<発症しやすくなる病気>

アルコール性肝疾患(肝硬変、脂肪肝など)、胃潰瘍、食道がん、糖尿病

 

 

これらの生活習慣は互いに影響しあっており、上記全ての生活習慣において、悪い方向に心当たりのある方は、生活習慣を少しでも正すようにしたほうがいいでしょう。また、全体的に抗酸化作用をもつ野菜や果物の摂取が体調の改善に有効ですので、積極的に摂取しましょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/09/21-382294.php?category=172)

著者: いおさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

気を付けるべきは食べ物だけじゃなかった!?高脂血症の大きな原因3つ

  高脂血症という言葉を最近良く耳にする方も多いかもしれません。 高脂血...

LH比とはコレステロールのバランスを示す!~動脈硬化の予防~

  LH比とは、LDHコレステロールとHDLコレステロールのバランスを指し...


血中の脂の塊であるリポ蛋白の異常?脂質異常症の定義とは

  脂質異常症とは、血清脂質あるいはリポ蛋白が異常高値を示すものを言います。こ...

気をつけて!閉経後や妊娠中に多い脂質異常症

        脂質異常症は動脈硬化性疾患のハイリスクであり、心筋梗塞や脳梗...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る