カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. その他 >
  5. 疲労回復に役立つ!!ビタミンB群の種類と必要な摂取量とは

健康診断・健康管理

疲労回復に役立つ!!ビタミンB群の種類と必要な摂取量とは

ビタミンB群は、水溶性ビタミンに分類されるビタミンです。疲労回復やエネルギー代謝を円滑にします。今回はそんなビタミンB群についてまとめました。

 

ビタミンB1(チアミン)

糖をエネルギーとして代謝する際の補酵素(メインの働きを促す物質のこと)となります。欠乏すると脚気という病気になります。1日あたりの摂取目安は男性で1.4mg、女性で1.1mgです。

 

ビタミンB2

体内での代謝の助けとなる酸化還元酵素の補酵素として働きます。欠乏すると口角炎や皮膚炎といった病気になります。1日あたりの摂取目安は男性で1.6mg、女性で1.2mgです。

 

ナイアシン

体内での代謝の助けとなる酸化還元酵素の補酵素として働きます。欠乏すると皮膚炎、消化器炎、神経障害を起こすペラグラといった病気になります。1日あたりの摂取目安は男性で15mg、女性で12mgです。

 

ビタミンB6

タンパク質を構成するアミノ酸の代謝にかかわる補酵素として働きます。欠乏すると口角炎や皮膚炎といった病気になります。1日あたりの摂取目安は男性で1.4mg、女性で1.1mg、です。

 

ビタミンB12

メチル基という官能基の位置を変える補酵素であり、血球を生産する際や皮膚の細胞を生産する際にかかせない物質です。欠乏すると悪性貧血といった病気になります。1日あたりの摂取目安は男性、女性ともに2.4μgです。

 

葉酸

炭素の位置を変える補酵素であり、核酸(遺伝子を構成する)、アミノ酸、タンパク質を生産する際にかかせない物質です。欠乏すると悪性貧血といった病気になります。1日あたりの摂取目安は男性、女性ともに240μgで上限量は1400μgです。妊娠中に欠乏すると、胎児の神経管閉鎖障害などのリスクが上昇します。妊婦の方は積極的に摂取しましょう。

 

パトンテン酸

糖や脂肪酸をエネルギーとして代謝する際の補酵素として働きます。1日あたりの摂取目安は男性、女性ともに5mgです。腸内菌によっても生産されるため、欠乏症の病気はほとんどみられません。

 

ビオチン

糖をエネルギーとして代謝する際の補酵素として働きます。1日あたりの摂取目安は男性、女性ともに50μgです。腸内菌によっても生産されるため、欠乏症の病気はほとんどみられません。

 

以上がビタミンB群の種類、効果、摂取目安です。必要な栄養ですのでできるだけ毎日摂取してください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/10/22-383420.php?category=54)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

若者に高齢者に、それぞれに多い「新型栄養失調」って?どんな栄養失調なの?

「3食とっている」「カロリーも十分」なら、栄養に関する悩みなんてないですか?...

バーベキューを食中毒の思い出にしないために…出発前に万全にしておきたい食中毒対策!

  春から夏の時期にかけて外でバーベキューを企画することも増えてくるかと思いま...


血糖値の不安定な状態が眠気を招く?!食後に眠気を招く原因と対策

  食後に非常に強い眠気を感じる方は多くいると思います。この眠気を感じる仕...

内臓アンチエイジングで内臓を若返らせよう☆内臓アンチエイジングと生活習慣の関係

近頃、話題となっているのが「内臓アンチエイジング」と呼ばれる内臓を若返らせるた...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る