カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 肌トラブル >
  5. 夏の疲れは秋に出る!?秋になって肌トラブルが起きるのは夏の間のケアの仕方が原因かも!

美容・ダイエット

夏の疲れは秋に出る!?秋になって肌トラブルが起きるのは夏の間のケアの仕方が原因かも!

 

「秋になると乾燥するからお肌がボロボロ…」と感じるのは早計かもしれません。

実はそれは秋になって乾燥したからではなく、夏のダメージが出てお肌が乾燥しボロボロになっているのです。

 

夏の肌は乾燥している?

夏は乾燥と無縁と思っていませんか?確かに湿度はありますが、実はお肌は違うのです。

夏に浴びる紫外線はお肌の潤いを奪います。また、日焼けをしたくないから毎日日焼け止めを塗りますよね。

日焼け止めは少なからず肌を強張らせてしまいます。日焼けのことばかり考えていると、保湿まで手が回らなくなっているのにお気づきでしょうか。

また、クーラーの風もお肌の乾燥を助長しています。

こうしてみると、夏は乾燥する環境にずっといるのですね。

 

湯船につかって肌を柔らかくしてあげよう

夏は暑いのでシャワーでさっと済ませることも多いかと思いますが、その行動がさらに夏疲れ肌を進行させてしまいます。

ぬるい温度のお湯に20~30分程度ゆっくり浸かってください。そうすると毛穴が開かれ、老廃物が出やすくなり、お肌がふっくら柔らかくなります。

また、お肌以外にもリラックス効果もありますし、寝つきをよくする効果もあります。

どうしても湯船に浸かる時間のない人は、蒸しタオルで顔を覆い、毛穴を開かせてあげましょう。

 

入浴後はすぐに化粧水!

お風呂から出たら、すぐ涼みたいところですが、まずは、開いている毛穴にたっぷりの化粧水をやさしく手のひら全部で包むように浸透させてあげましょう。そこへ忘れてはいけないのが、乳液です。

化粧水だけですと、せっかくの水分が蒸発していってしまいます。ですので、化粧水を肌へ浸透させたら、乳液でフタをしてあげてください。

化粧水→乳液は最低限のケア方法です。これに美容液やフェイスパックなどのスペシャルケアを加えると、よりいっそう効果はあります。

 

 

秋になって夏疲れ肌だと周りに気づかれる前に、きちんとケアをして、乗り切りたいものですね。ダメージを蓄積しやすい夏の肌に、まさにその時どういったケアをするかが、秋の肌にはとても重要なのです。

 

(Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肌トラブルに関する記事

だんだん大きくなっていく背名のおでき、もしかしたら「粉瘤(アテローム)」かも

背中は、体の部位の中でも「おでき」ができやすい場所です。一般的にはニキビのよ...

アテロームや脂肪腫など…背中にできたおでき、一体何が原因なの?

できるとちょっと憂鬱な気持ちになる「おでき」。顔だけでなくボディにできるとい...


昔はなかった「クマ」最近気になるのは加齢が原因かも?!

  これまで目の下の「クマ」を気にしたことなんてなかったのに、最近少し気になっ...

お尻のおでき、お風呂や温水プールが原因である場合も!?

お尻にできたおできに悩んでいる人、もしかしたらそれはお風呂や温水プールが原因とな...

カラダノートひろば

肌トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る