カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 多汗症 >
  5. 特に暑いわけでもないのに大量の汗!多汗症と診断される汗の特徴と原因

気になる病気・症状

特に暑いわけでもないのに大量の汗!多汗症と診断される汗の特徴と原因

多くの汗をかく多汗症といった病気があります。今回は多汗症と診断される特徴と原因についてご紹介します。

 

●多汗症と診断される目安

多汗症は「特に暑いわけでもない」「激しい運動をしたわけでもない」といった状態で大量の汗をかく症状を示します。生理的に必要量以上に大量に汗をかくとも言えます。

 

多汗症と診断される汗の特徴は手のひらや足の裏、わきの下、額などの体の特定部分に多量の汗をかくということです。さらに、緊張すると汗の量が増加するのも特徴となります。

 

この多汗症は体質ではなく、病気のため治療が必要となります。治療として有効な方法としては、交感神経をアルコールでブロックする、手術で交感神経を切除するといったものがあります。

 

●多汗症の原因

多汗症の原因には2つあります。1つ目は交感神経の影響における多汗症です。交感神経に影響を受けている多汗症の原因についてはいまだ研究段階にあり、はっきりとしていません。

 

そのさまざまな研究の中で共通していわれているものは「多汗症の人は交感神経の反応が一般の人に比べて強いのではないか」ということであり、現在の多汗症の治療は交感神経に働きかけるものとなっています。また、糖尿病や心臓病のように、遺伝する病気ではないかとも考えられています。

 

もう1つは多汗症でも他の病気が原因のものです。病気が原因の多汗症を「症候性多汗症」といい、甲状腺機能亢進症や更年期障害においてよく見られます。他の病気が原因の場合は、他の病気を治すことで「症候性多汗症」を治療することができます。

 

多汗症の汗の特徴と原因は上記のようなものとなります。汗っかきであるだけでは病気にはなりませんが、異常なほどであれば一度病院に行ってみてください。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●顔の汗から考えられる3つの病気

 (Photo by //www.ashinari.com/)

著者: いおさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

多汗症に関する記事

食事でも体質は変えられる!?顔汗対策の食事を実践してみよう!

顔汗対策に食事から変えてみるというのもよいかもしれません。実際、摂取する食事...

汗が止まらない!多汗症の治療方法にはどんなものがあるの?

多汗症は一般の方よりも多くの汗をかいてしまう病気です。特に緊張した時には多く...


多汗症の手術治療について

  多汗症の手術治療について   多汗症治療において、手術を行うことは...

汗を微弱な電気で抑え、安全性が高い?「イオントフォレーシス治療」とは

多汗症とは、体の特定の部位から通常より多く汗が分泌されるという疾患で、その程度...

カラダノートひろば

多汗症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る