カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 運動療法 >
  5. 「1週間で23メッツ」の運動で異所性脂肪を予防できる!でも23メッツってどれくらいの運動?

生活習慣病

「1週間で23メッツ」の運動で異所性脂肪を予防できる!でも23メッツってどれくらいの運動?

健康のために運動をすると言っても、具体的にどれくらいの運動をするのか、いまいち指標が分からないことがあります。異所性脂肪の予防においては、メッツという運動量の指標を用いて、必要な運動量が示されています。

 

病気を引き起こす原因になる「異所性脂肪」って?

太っている人というのは、不健康な印象があるということも多いと思います。しかし近年、太っていることが必ずしも、病気につながらないことが分かってきました。

メタボリックシンドロームの基準に腹囲というものがあります。これは腹部に蓄積する内臓脂肪の量を推計する基準で、内臓脂肪の蓄積によって生活習慣病などを引き起こしやすくなる、ということから基準として設けられています。しかしこれに対してより生活習慣病などの病気を引き起こしやすい脂肪があることが、研究によって明らかになってきました。それが肝臓などの内臓や血管などに蓄積する異所性脂肪です

 

異所性脂肪を予防したい!

異所性脂肪は比較的簡単に体についてしまいます。ですが日々のちょっとした身体活動によって比較的簡単に落とすこともできるのです。そのため毎日の身体活動を増やし、異所性脂肪をつかないようにすることができます。では具体的にどれくらい体を動かせば異所性脂肪を予防することができるのでしょうか。

 

1週間に23メッツ

運動量をあらわす単位にメッツという尺度があります。これは活動や運動を行ったときに、安静にしている状態の何倍のカロリー消費をしているかをあらわしています。異所性脂肪をつかないようにするには、1週間に23メッツの運動をすることが必要とされています。

具体的に1時間当たりのメッツの量と、運動や生活の中での身体活動は以下のようになります。

 

1.3メッツ

性行為

 

1.5メッツ

入浴

食事

入力作業

 

2.0メッツ

料理

洗濯

シャワー

ベットメイク

洗顔

歯磨き

髭剃り

化粧

着替え

家の中での歩行

会話をしながらの食事

 

2.3メッツ

アイロンがけ

洗濯物の片づけ

 

2.5メッツ

皿洗い

ゴミ捨て

ペットの世話

食物の水やり

子どもと遊ぶ(座位・軽度)

ベビーカーを押す

 

3.0メッツ

洗車

ゴルフ落ちっぱなし

子どもの世話(立位)

階段の昇降(軽度)

散歩

幼児を抱えての移動

 

3.5メッツ

掃除機での掃除

幼児を背負っての移動

柔軟体操

 

4.0メッツ

庭掃除

子どもと遊ぶ(ややきつい)

高齢者・身体障害者の開度

同時に多種類の家事

徒歩通勤・通学

水中ウォーキング(軽度)

太極拳

卓球

 

4.5メッツ

フラダンス

ベリーダンス

 

5.0メッツ

子どもと遊ぶ(きつい)

エアロビクス(軽度)

 

6.0メッツ

ジョギング10分+歩行

 

7.0メッツ

ジョギング

競歩

 

8.0メッツ

ランニング(8.0km/時)

スイミング(軽度のクロール)

水中ジョギング

 

9.0メッツ

ランニング(8.4km/時)

 

10.0メッツ

柔道

空手

キックボクシング

ランニング(9.4km/時)

スイミング(平泳ぎ)

 

11.0メッツ

スイミング(バタフライ・速いクロール)

ランニング(10.8km/時)

 

本格的な運動でなくても家事や通勤、仕事などでもメッツを獲得することができます。普段行っている身体活動を考えて、23メッツから引き、足りない分を意識して補うようにしましょう。

1週間当たりで23メッツですから、いきなりたくさん運動をしなければいけなくなったということもないでしょう。

 

(Photo by:足成)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動療法に関する記事

メタボの予防・改善に!自分に合った運動を

  若い頃は通勤や家事で体を動かすだけでも、健康が保たれているような感覚があっ...

メタボリックシンドロームを防ぐために速歩を行ってみよう!~メタボ予防の運動~

  現在メタボリックシンドロームが問題視されています。このメタボリックシン...


メタボ対策には実は筋トレが重要?!

  メタボリックシンドロームを解消する方法として、運動療法というものがあります...

日々の運動で予防できる異所性脂肪…日々の活動を「活動量計」で測定してチェック!

   特別な運動でなくても、人によっては、仕事などで十分に、病気予防につながる運...

カラダノートひろば

運動療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る