カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 便秘 >
  4. 基礎知識 >
  5. 尿漏れの悩みもこれで解決!骨盤底筋ってなに?どこにあるの?

女性のカラダの悩み

尿漏れの悩みもこれで解決!骨盤底筋ってなに?どこにあるの?

おしり

骨盤底筋って聞いたことありますか?美容に敏感だったり、尿漏れに悩んでいる人であれば聞いたことがあるかもしれません。骨盤底筋を意識すること、鍛えることでどのような効果が得られるのか、基礎をまとめます。

 

骨盤底筋とは

まず、骨盤底筋の場所を確認しましょう。トレーニング方法だけ知るよりも、正確な位置を知っておいたほうが、そこに意識を集中させることでトレーニング効率がアップするからです。

骨盤底筋群は、

・肛門挙筋(恥骨直腸筋、恥骨尾骨筋、腸骨尾骨筋)

・深・浅会陰横筋、

・外尿道括約筋

・外肛門挙筋

・球海綿体筋

・坐骨海綿体筋

この筋の総称です。この筋肉は骨盤の下に靭帯と一体となってハンモック状になり、膀胱、尿道、子宮、直腸などの内蔵を支えています。後ろと横からは骨盤で、下からは骨盤底筋群で、前は腹筋などで内蔵を包み込んでいるイメージです。いわゆるインナーマッスルと呼ばれる筋肉で体の中心にあるので、腕の力こぶが出たり、腹筋に力をいれて固くなったりなど、表面から触ることはなかなか出来ません。なので、イメージをすることがとても大切になります。

 

骨盤底筋の機能

・腹横筋、横隔膜、多裂筋と一緒に機能して姿勢を保つ

・肛門挙筋などが他の筋肉と協同して排泄口の開閉を司って排便、排尿を行う

・横隔膜と一緒に協力して、腹圧を一定に保つ働きがある

例:息を吐くときに横隔膜が上がれば、骨盤底も一緒に上がって、息を吸う時に横隔膜が下がれば骨盤底も一緒に下る

くしゃみをすると一時的に腹圧が上がるので骨盤底は下がる

 

骨盤底筋の機能低下・機能不全

周りの筋肉などと協調して行っていたことを筋力低下機能不全などによって行えなくなったり、誤作動をおこしたりします。

姿勢が悪くなって下っ腹がぽっこり出る

便秘になりやすくなる

・排泄口の開閉が苦手になり尿失禁しやすくなる

・くしゃみをすると腹圧が上がっているのに一緒に骨盤底も上がってしまって腹圧が高くなって尿失禁する など

 

あまり聞いたことも意識したこともない筋肉ですが、美容にも健康にも大切な筋肉です。

 

(Photo by://pixabay.com/) 

著者: amママさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

先天・後天的器質性便秘では腸そのものに異常が

便秘は腸そのものに障害がある場合の器質性便秘と、排便に関わる周辺の機能が原因と...

つらい便秘…便秘のタイプ別で解る!便秘の症状別 3タイプの解消法

「自分は便秘である」と自分で解っている方の中には、ただ便秘だろうという解釈だけ...


解消の為には知る事が大切!「便秘」には3種類もあるって知っていた?

  排便が3日以上も間があいてしまったり、たとえ毎日排便していても必ず残便感が...

便秘と自律神経には深い関係があるって本当!?

  便秘は全て運動不足や食物繊維不足ではありません。実はあまり知られていない自...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る