カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. >
  5. 見たくない顔のたるみ!たるみの対処法とは?姿勢を綺麗に保つ努力をしよう

美容・ダイエット

見たくない顔のたるみ!たるみの対処法とは?姿勢を綺麗に保つ努力をしよう

女性の大敵でもある顔のたるみ・・・年齢と共にどんどん目立ってしまい、鏡をみるたびにガッカリしてしまう!なんて経験はありませんか?
たるみの原因は様々に考えられます。一度出来てしまったたるみを無かったことに・・・と見過ごすことは出来ません。
そんな時の対処法とはどんなものがあるのでしょうか。
 

◆十分な保湿・睡眠を!

肌は乾燥してしまうと、ハリが無くなりカサカサ・しわも目立つようになってしまいます。肌への保湿はしっかりと行い、保湿する度に顔全体をマッサージすると、尚効果的です。そして、更に大切だとされるものは睡眠です。
 
睡眠が不十分になってしまうと、肌そのものが不健康になってしまい、肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーが正常に機能しなくなります。夜の22時から深夜2時までの間に、深い睡眠に入っていることが理想的です。
 
深い睡眠に入るまでには約2時間程度所用するので、逆算しても21時・22時ごろにはお布団に入るように心がけましょう。
 

◆絶対条件の“洗顔”!

毎日おこなう洗顔は、たるみ対策に高い効果をもたらしてくれます。化粧や皮脂・汚れは必ずその日のうちに落としましょう。まずは、クレンジング剤を使用して、汚れを除去します。その後洗顔剤を使用して肌の深い部分までしっかりと洗い落とします。
 
激しい洗顔は必要な角質や肌の潤いを奪ってしまうので、もったりと泡立てた“泡”で洗顔するように心がけてください。クレンジング時には、たるみ対策・予防のためにしっかりとマッサージを行いながら化粧をオフしていきましょう。
 
マッサージに適しているクレンジング剤はオイルや泡ではなく、クリームだとされています。
 

◆姿勢を綺麗に保つ努力を!

たるみは人間の習慣付いた“姿勢”も深く関係します。体のゆがみが顔に出て来てしまった場合に、顔の皮膚へも影響を及ぼしてしまいます。前のめりになってしまったりすると、顔の頬などには重力がかかってしまい、たるみの原因に・・・。
 
顔がゆがんでしまっていると、血行や水分量なども偏った側の頬・目にばかり流されてしまい、全体敵に片側だけたるんでいる印象をもたれるケースも・・・。
姿勢を綺麗に保つ意識をするだけで、体のゆがみが改善され、顔のハリなども取り戻されます。
 
たるみ=加齢!だと言う意見も沢山あります。
確かに肌の水分量もハリも、年齢とともに低下していくので、どんどんたるんだ肌になってしまうことは仕方ないのかもしれません。
しかし“加齢”だと納得してしまうと、“それは仕方ないことだ”と受け入れてしまうものです。
 
加齢だから仕方ないと受け入れるのではなく、水分が足りないかな?マッサージが足りないかな?と、ご自身で出来る対策がどんなものなのかを追求することが大切です。
 
 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

顔に関する記事

“キメが細かい肌”とはどんな肌なの?キメが細かい肌を目指して、肌に●●な対策を!

  よく、「キメが細かい」や「キメのある肌」という表現をしている言葉を聞き...

レチノール副作用はビタミンAの供給過多

  シワやたるみなど肌の老化を抑制し、改善するアンチエイジング効果のあるレ...


恐るべし!甘い食べ物は“たるみ”の原因に!?糖化対策には“抗糖化作用”の食材を食べよう

女性なら誰しも甘い物が好きだと思います。ケーキやお菓子はもちろん、炭水化物で...

ケア不足に陥りやすい夏の肌ケア…なぜ夏の肌ケアは簡単に済ましてしまうの?五感だけではわからない夏の肌の実態

  夏は肌の老化が進みやすい季節というのを知っているでしょうか。夏の肌の最大の...

カラダノートひろば

顔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る