カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. シミ >
  5. つい浴びてしまった紫外線…シミの発生を予防する方法とは?シミを蓄積を防ぐ猶予は2日間!?

美容・ダイエット

つい浴びてしまった紫外線…シミの発生を予防する方法とは?シミを蓄積を防ぐ猶予は2日間!?

 夏になると、女性は毎日、日焼け止めを塗って外出します。若いうちは毎日塗ることなどせず、部活動でも紫外線浴びっぱなし!
そんな学生時代に蓄積してしまったシミは歳を重ねると表面に出て来てしまいます。
“これは仕方ないシミだ”と理解できても、これ以上増やしたくない!そう思う方には是非試してほしい方法があります。
 

◆シミを蓄積させない!勝負は2日間!

紫外線を受けてしまった場合、出来るだけ早めのケアを行うことで、肌のシミ蓄積を防ぐことが出来ます。許される時間は2日間です。
この2日間までに受けてしまった紫外線をしっかりとケアし、シミ蓄積を阻止しましょう。
 
方法としては美白成分配合の、保湿力が強い化粧水・美容液・乳液を使用してスキンケアをすることです。美白成分配合ということは、肌のメラニン生成を予防するためのビタミンCであったり、コラーゲン・ヒアルロン酸などが含まれているのでシミ対策には非常に効果的だと言えます。
 
受けたダメージは早めにケアをすることが重要ですし、ケアも、朝と晩、二度にわたって十分な保湿をおこなってください。
 

◆保湿は“ケア”だけでなく“バリア”機能にも!

紫外線を浴びてしまった時には、しっかりと保湿をし、美白成分・潤いを肌の奥に浸透させることがシミ予防になるとお伝えしましたが、毎日のスキンケアを徹底することで、【紫外線を浴びてしまった場合のケア】だけでなく、【紫外線を浴びてしまった場合にバリアさせる】目的でも潤いは大切だとされています。
 
潤っている肌はダメージを受けにくくするバリア機能も発揮するので、普段からのケアが重要です。紫外線を浴びてしまった時にケアをする!という視点ではなく、普段の丁寧なケアがダメージをバリアする!という視点で、毎日のケアも出来るだけ丁寧に行いましょう。
 
シミは、ダメージを受けてもスグに出てきません。シミが目で見てわかるように表面へと出てきてしまうには、5〜10年ほど時間が必要です。
目に見えないからこそ、つい手を抜いてしまいますが、手抜きは禁物です!ビタミンやβカロチンのある食材を積極的に食べて、シミ予防をしっかりと取り組んでおきましょう。
 
 (Photo by //www.ashinari.com/)

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

シミに関する記事

青アザが消えない!これってもうシミになってる?シミにさせないための対処法

年齢を重ねると共に、特に女性は体にできたシミが気になってくると思います。 ...

色白さんは注意!特に夏は、大人肌の回復力低下と、紫外線のダブルパンチでシミが残りやすい!

  蚊に刺された跡が、色素沈着してなかなか消えてくれないということが、大人の肌で...


シミの種類とケアの方法

■老人性色素斑【特徴】「シミ」をいわれるものの中で、もっともポピュラーなもの。い...

紫外線には抗酸化作用物質を含む食材で対抗しよう!夏のスキンケア

  これらの季節、女性は紫外線によって肌にダメージを与えられるのが気になる...

カラダノートひろば

シミの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る