カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. >
  5. キメのある肌になりたい!肌の美しさを取り戻す対処法とは?

美容・ダイエット

キメのある肌になりたい!肌の美しさを取り戻す対処法とは?

「キメのある肌になりたい」「なんだか肌がゴツゴツして嫌だ・・・」そんな思いをされている女性は非常に多いです。
しかし、皆さん、昔は誰もがキメ整った綺麗な肌をしていました。
歳を重ねていくごとに、どんどん毛穴が広がり肌は凹凸が出来、化粧をすれば浮いてしまう・・・そんなキメの無い肌の原因とは何なのでしょうか?
 

◆積み重ねた“ダメージ”のサイン

近年では、とても若い女性でも化粧をしている時代です。それこそ中学生もですし、中には小学生という女の子も。化粧をするということはそれだけ肌へダメージを与えている証拠です。
 
化粧をすれば、落とすためのメイク落としも使い、洗顔も強くゴシゴシと洗ってしまう。
それだけでなく、食生活の乱れや水分・栄養の不足、早寝早起きの習慣が付いていないという場合には、肌の生まれ代わりサイクルにも支障が出てしまいます。
 
これらが年々積み重なっていくことで、どんどん肌そのものの質が落ちてしまい、保湿機能が低下し、皮膚の生まれ変わる力も低下してしまうという悪い方向へ進んでしまいます。
キメのない肌になってしまうことは、それだけのダメージを蓄積させてしまったからとも言えます。
 

◆キメを取り戻すには?

どんなことよりも、まず“生活改善”です。食生活・睡眠時間・食事の時間や回数・顔へのケアなど、全てにおいて改善させていく必要があります。洗顔1つにしても、泡立てず、ゴシゴシ強い力で洗ってしまえば、それは後にテカりを誘発してしまうだけです。
 
睡眠時間が少ないと、肌の機能は低下してしまいますし、食事にビタミンやミネラルなどの栄養素も含まれていなければ肌の老化を制御させたり、肌そのものの健康さを維持させる源が無くなってしまいます。
 

◆自分の肌に合うケアグッズを選ぼう!

キメの細やかさには、乾燥が大敵です。乾燥をさせないためには、保湿が重要です。しかし、ただ化粧水を塗っただけでは、十分には保湿されません。化粧水を肌に吸い込ませたらその後はしっかりと美容液などで蓋をしてあげましょう。
 
化粧水や美容液というスキンケアそのものも、ただ高価なものを使えば良いというわけではありません。“ケチらずバシャバシャと”使うことが大切です。
 
ご自身の肌に合うスキンケアを探すためには、真っ先に商品を購入するのではなく、試供品をもらって数日試してみましょう。試供品の効果をみて、良いようであればその後の継続も問題無く出来ます。試供品などを探してみてください。
 
 (Photo by //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

顔に関する記事

夏は紫外線対策がメイン?夏の保湿を考えないと、秋になって夏老け肌になってしまうかも!

  夏の間の肌のケアはどのようにしているでしょうか。紫外線対策がメインになって...

見たくない顔のたるみ!たるみの対処法とは?姿勢を綺麗に保つ努力をしよう

女性の大敵でもある顔のたるみ・・・年齢と共にどんどん目立ってしまい、鏡をみる...


もう人目が気にならない!「ダラダラ流れる顔汗」を止める方法とは?

周囲のみんなは汗一つ書いていないのに、自分だけ顔汗ダラダラで恥ずかしい、メイ...

夏野菜の王様★トマトのスーパー美容術とは?!

夏野菜と聞くと、茄子やオクラなど様々な野菜が思い浮かびますが、その中でも夏野...

カラダノートひろば

顔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る