カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. ボディ >
  5. 生理前の不安定な肌へ★理想的なUVケアとは?日焼け止めクリームはどのようなものを選べばいい?

美容・ダイエット

生理前の不安定な肌へ★理想的なUVケアとは?日焼け止めクリームはどのようなものを選べばいい?

女性にとって生理前という時期は、肌のコンディションや体調などを大きく左右されてしまい、非常に悩ましい時期だと言えます。
こんな時期に紫外線対策をしなければならない真夏・・・。汗をかき、肌は荒れ、痒みや赤みが起きてしまう・・・という女性も少なくありません。
生理前の不安定な肌の、理想的なUVケアとはどんなものなのでしょうか。
 

◆使用する日焼け止めクリームをしっかり吟味して!

一般的に販売されていて、毎年飛ぶように売れている日焼け止めというものは、基本的に成分がナノ化され、肌の奥まで科学成分が入ってしまいます。
肌の馴染み感は非常に良いのですが、顔・うで・足などの毛穴に入り込んでしまうことで肌トラブルの原因にもなってしまいます。
 
理想とされるものは紫外線吸収剤が配合されていないノンケミカルタイプのものを使用しましょう。更にPA+の数値が高い物(SPFの数値も)であることも大切です。
植物エキス配合であったり、植物・食材からの成分抽出であったりするもの・オーガニックな物も、皮膚に優しいです。
 

◆落ちにくいよりは、落としやすい!

汗や水で簡単に落ちてしまう日焼け止めは、あまり理想的ではありません。それだけ頻繁に塗り直さなければなりません。
 
だからこそ、本来であれば水に強く簡単には落ちない日焼け止めを使用してほしいものですが、生理前の敏感な肌への刺激が非常に強いため、生理前の肌を守るためには、石鹸やボディーソープで簡単に落とすことができる日焼け止めを選びましょう。
 
“オフしやすい日焼け止め”はなかなか無いかもしれませんが、テスターなどで使用して、肌になじむ・オフが簡単・香りや成分表示などをチェックしてみてください。
 
生理前であれば、肌のことを気遣い、出来るだけ低刺激なものを・・・と思ってしまいますが、普段の生活で、生理前など気にされない時であれば、落ちにくく・肌になじみやすい日焼け止めを塗っても良いかもしれません。
 
その時その時の肌の調子に合わせて無理なく選びましょう。
ただ、オーガニックな物や簡単にオフできてしまう日焼け止めは、それだけカバー力が弱い・・・という見方も出来るので、紫外線を極力浴びない!ということが最も大切になります。
 
(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

ボディに関する記事

肌にやさしいUVケアをしたい!生理前の女性の悩みを解決★

    真夏に照らされる太陽の光は、肌を刺すような暑さを感じてしまいます。若...

お風呂で使える!ボディトリートメント用コスメの作り方

  ■いつもより念入りにお手入れしたい時にピッタリ 口に入ってしまっても、安全な...


女性に嬉しい栄養素がたっぷり!噂のゴールデンベリーで注目すべき4つの栄養素って?

「ほおずき」は日本でなじみのある植物ですが、食用ほおずき(ゴールデンべりー)...

ニキビによってケロイドが出来る?発症しやすい体質とは?

  ケロイドには2種類が存在する   ケロイドと言うと、切り傷や火傷な...

カラダノートひろば

ボディの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る